【ヴァロワ朝、ブルボン朝、ボナパルト朝・第一帝政、オルレアン朝、ボナパルト朝・第二帝政】

次の歴代フランス君主を
在位したのが古い順に選びなさい
シャルル7世
ルイ14世
ナポレオン1世
ルイ・フィリップ
ナポレオン3世
45%

053xojiCYn
054kQlERkz
フランス、ブルボン朝の
初代国王はアンリ4世ですが

スペイン、ブルボン朝の
初代国王はフェリペ◯世?
◯を答えなさい
5(答)
「フェリペ5世」

CIMG3043
次のフランス・ブルボン朝の
政治家とその説明の
正しい組み合わせを選びなさい
ネッケル───ルイ14世の宰相
シルエット───ルイ15世の財務相
マザラン───ルイ16世の財務相
リシュリュー───ルイ13世の宰相
コルベール───ルイ14世の財務相
引用元:ブルボン朝初代国王「アンリ4世」 スペインブルボン朝「フェリペ5世」 「ネッケル」ルイ14世の宰相「マザラン」ルイ15世の財務相「シルエット」ルイ16世の財務相 「アンリ」『ジャスピオン』相棒アンドロイド 「フェリペ・グレゴリオ」ホンジュラスの葉巻 「紙巻きたばこ200本」「葉巻たばこ50本」携帯品免税 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/24319/

フランス君主一覧では、君主制時代のフランスの君主の一覧を示す。

目次
1 概説
2 カロリング朝(843年 – 987年)
3 カペー朝(987年 – 1328年)
4 ヴァロワ朝(1328年 – 1589年)
4.1 ヴァロワ家(1328年 – 1498年)
4.2 ランカスター家(1422年 – 1453年)
4.3 ヴァロワ=オルレアン家(1498年 – 1515年)
4.4 ヴァロワ=アングレーム家(1515年 – 1589年)
5 ブルボン朝(1589年 – 1792年)
6 第一共和政(1792年 – 1804年)
7 ボナパルト朝・第一帝政(1804年 – 1814年)
8 復古ブルボン朝(1814年)
9 ボナパルト朝・第一帝政再興(百日天下、1815年)
10 復古ブルボン朝(1815年 – 1830年)
11 オルレアン朝(七月王政、1830年 – 1848年)
12 第二共和政(1848年 – 1852年)
13 ボナパルト朝・第二帝政(1852年 – 1870年)
14 国防政府(パリ・コミューン、1870年 – 1871年)
15 1871年以降のフランス元首
引用元:フランス君主一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%90%9B%E4%B8%BB%E4%B8%80%E8%A6%A7

シャルル7世
フランスのヴァロワ朝の国王。百年戦争で窮地に陥ったがジャンヌ=ダルクが登場したことでオルレアンが解放され、自らもランスで戴冠した。その後ブルゴーニュ派との講和を進めて優位に立ち、1453年にカレーを除きイギリス軍を撤退させ、勝利王と言われた。百年戦争を終結させたことによって王権強化に向かい、絶対王政への道を開いた。
引用元:シャルル7世 https://www.y-history.net/appendix/wh0603_2-048.html

ルイ14世
17世紀後半から18世紀初頭、フランス絶対王政全盛期の国王。前半は宰相マザランが政治にあたる。親政開始後は産業の保護、海外植民地の拡大につとめ、また盛んに侵略戦争を行って領土を拡大した。
引用元:ルイ14世 https://www.y-history.net/appendix/wh0904-087.html

ナポレオン/ナポレオン=ボナパルト/ナポレオン1世
フランス革命で頭角を現して総裁政府から実権を奪い1804年皇帝となる。

 1769年にコルシカ島の貧乏貴族の家に生まれ、フランス本土で兵学校に入りフランス革命政府の軍人となる。ジャコバン派のロベスピエールを支持したためテルミドールの反動で一時危うかったが、王党派の武装蜂起鎮圧に功を上げて軍司令官に昇進した。
引用元:ナポレオン/ナポレオン=ボナパルト/ナポレオン1世 https://www.y-history.net/appendix/wh1103_2-004.html

ルイ=フィリップ
ブルボン家の分家オルレアン家出身で、1830年に七月革命によって国王に即位した。その七月王政はブルジョワジーの利益を最優先するものだった。1848年、二月革命が起こり、イギリスに亡命した。
引用元:ルイ=フィリップ https://www.y-history.net/appendix/wh1201-054.html

ルイ=ナポレオン
ナポレオンの甥。1848年に大統領、1852年に皇帝ナポレオン3世となる。普仏戦争に敗れ退位した。

 ルイ=ナポレオン(1808~1873)の父はナポレオン1世の弟でオランダ王だったルイ。その3男がルイで、母はナポレオンの前妃ジョゼフィーヌと前夫(革命で処刑された)との間に生まれたオルタンス=ド=ボアルネ。ナポレオン1世の退位とともに亡命生活に入り、七月王政期にフランスに戻り、1848年の二月革命後の第二共和政下での大統領選挙に出馬して当選し、1851年のクーデタで実権を握り、同年末皇帝に即位しナポレオン3世となる。その後第二帝政期のフランスを統治、産業資本家、農民の幅広い支持でボナパルティズムと言われる独裁を行う。その間、クリミア戦争など積極的な対外政策を展開して国民的支持を受けたが、普仏戦争に敗れて1871年に退位した。
引用元:ルイ=ナポレオン/ナポレオン3世 https://www.y-history.net/appendix/wh1201-108.html