アーサー【ペンドルトン法】民主党【ビューレン】

アーサー
ヴァン・ビューレン
フーバー
ジェファーソン
カナダの首相
イギリスの首相
イタリアの首相
アメリカの大統領(答)
33%

ビースフーヴェル
ルベルス
バルケネンデ
コック
オランダの首相(答)

グーゼンバウアー
クリーマ
フラニツキー
シュッセル
オーストリアの首相(答)

ブラント
メルケル
コール
シュレーダー
ドイツの首相(答)

ファンファーニ
チャンピ
プローディ
ベルルスコーニ
イタリアの首相(答)

クレッソン
ジュペ
ベレゴヴォワ
シラク
フランスの首相(答)

ブレア
キャラハン
メージャー
サッチャー
イギリスの首相(答)

チェスター・アラン・アーサー(英語: Chester Alan Arthur, 1830年10月5日 – 1886年11月18日)は、アメリカ合衆国の弁護士、政治家。第20代副大統領及び第21代大統領。アーサーはジェームズ・ガーフィールド大統領の下で副大統領に就任する前は、弁護士として働いていた。ガーフィールドが1881年7月2日にチャールズ・J・ギトーによって瀕死の重傷を負わされ、同年9月19日に死去すると、アーサーは大統領として宣誓し、1885年3月4日まで同職を務めた。身長6フィート2インチ(約188cm)[1]。

大統領職[編集]
アーサーは、美食家でお洒落な人物で、ルイス・カムフォート・ティファニーらにホワイトハウスの改装をさせ、連夜パーティーを開いた。

ジェームズ・ガーフィールドが暗殺され、アーサーは大統領に昇格した。彼は汚職と賄賂から利益を得ているとされ、共和党でも守旧派に属していた。そのため、彼が行政改革の主張者になり、ペンドルトン法の可決を統轄した時、多数が驚いた。ペンドルトン法は公務員任用・昇進の際に試験を導入し、それに伴い人事を決定するものであった。現在でこそ普遍的であるが、当時としては非常に画期的な制度であった。また、議会が企図した中国系移民の排斥を阻止している。他、関税法、エドモンド法(モルモン教の一夫多妻禁止の法律)の可決に関与している。
引用元:チェスター・A・アーサー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BBA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC

ペンドルトン法
ペンドルトンほう
Pendleton Civil Service Act

1883年1月 16日に成立したアメリカ連邦公務員任用に関する法律。国家公務員法改革同盟の D.イートンが起草し,連邦上院議員 G.ペンドルトンの提案によって議会で可決成立した。 A.ジャクソン大統領以来のスポイルズ・システム (党人任用制) の弊害が J.ガーフィールド大統領暗殺事件で顕在化したため,これを廃止して資格試験により州人口に比例する数の連邦公務員が政治信条や宗教,人種などの違いに関係なく選ばれることになった。この法律により公務員の政治献金も禁止され,連邦公務員任用制度が近代化された。
引用元:ペンドルトン法(ペンドルトンほう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E6%B3%95-131376

マーティン・ヴァン・ビューレン(Martin Van Buren, 1782年12月5日 – 1862年7月24日)は、アメリカ合衆国の第8代大統領。大統領職の前には第8代副大統領および第10代国務長官を務めた。オールド・キンダーフックの愛称で呼ばれた。最初の独立宣言署名後に生まれた大統領であり[2]、最初の非アングロ・サクソン系の大統領であり、第一言語が英語ではなかった(オランダ語だった)唯一の大統領[3]。民主党の最初の主催者でもあった。身長5フィート6インチ(約168cm)[4]。

ヴァン・ビューレンは再選を逃した3人目の大統領となった。アンドリュー・ジャクソンの国務長官と副大統領を務め、ニューヨーク州におけるジャクソニアン・デモクラシーの組織構造を築き上げたことにおいて重要な人物だった。しかし大統領として彼は経済問題に悩まされ、その任期は1837年の恐慌に翻弄されることになった。さらにアルーストック戦争とキャロライン事件とを通じて、イギリスとその植民地であるカナダとの関係が緊張した。これらが直接彼の執政によるものだった否かは意見が分かれるところだが、いずれにせよヴァン・ビューレンは4年後の1840年の大統領選で敗退することになった[5]。その後1848年の大統領選にも自由土地党の大統領候補として出馬したが、このときは得票数第三位で落選している。
引用元:マーティン・ヴァン・ビューレン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3

バン・ビューレン
ばんびゅーれん
Martin Van Buren
(1782―1862)
アメリカ合衆国第8代大統領(在任1837~41)。1820年代ニューヨーク州で猟官制(スポイルズ・システム)を用いて、強固な職業政治家集団「オルバニー・リージェンシー」をつくった。これが後の二大政党組織の原型となった。28年の大統領選挙でジャクソンを支持し、国務長官、副大統領を経て民主党選出の大統領になったが、37年恐慌の痛手で次の選挙でホイッグ党のハリソンに敗れた。44年選挙では奴隷主階級の意に反してテキサス併合に反対し、民主党の指名を逸した。48年に奴隷制拡大反対派の自由土地党候補となったが、落選後復党した。彼は民主党をつくり、民主党員として死んだ。[安武秀岳]
引用元:バン・ビューレンとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3-118614

Presidency of Martin Van Buren (1837–1841)
Martin Van Buren was key in the development of the Democratic Party, although his presidency featured many setbacks. Many of the policies of Jackson had repercussions while Van Buren held office, such as the Trail of Tears. The policies enacted during Jackson came into full swing during Van Buren, who oversaw the displacement of thousands of Native Americans. In addition to this, Van Buren was anti-slavery and represented a divide in both parties. Despite this, he did almost nothing to help the abolitionist movement and his presidency saw a continuation of pro-slavery legislation. Jackson’s decision to abolish the Second Bank of the United States led to the Panic of 1837 during Van Buren’s presidency, leading to disapproval by the public and loss of power for his party.
引用元:History of the United States Democratic Party – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_the_United_States_Democratic_Party