浮気や収賄も【Britain’s most celebrated diary】

1660年から1669年まで記した
詳細な日記で有名な、17世紀に
活躍したイギリス海軍の軍人は
サミュエル・◯◯◯◯?
バラプク
ブークル
ピナドス
ピープス(答)
20%

連想
チェ・ゲバラ
フレデリック・アミエル
サミュエル・ピープス
アンネ・フランク
日記(答)

サミュエル・ピープス(Samuel Pepys, 1633年2月23日 – 1703年5月26日)は、17世紀に活躍したイギリスの官僚。王政復古の時流に乗り、一平民からイギリス海軍の最高実力者にまで出世した人物であり、国会議員及び王立協会の会長も務めた。今日では詳細な日記で知られているが、官僚としての業績も大きく、王政復古後の海軍再建に手腕を発揮したことにより「イギリス海軍の父」とも呼ばれている。

日記[編集]
1660年から1669年にかけ記述した日記が遺されている。王政復古期の世相を描いた史料的価値が大きく、1665年のペスト流行や1666年のロンドン大火についても記述している。また、自己の女性関係(浮気)などを赤裸々に(と言っても都合の悪い部分は外国語や暗号を用いて)記述した「奇書」である。眼を痛めたため、1669年で日記の執筆はやめてしまった。
引用元:サミュエル・ピープス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%B9

サミュエル・ピープスの日記について  全10巻 A5判上製

17世紀のイギリス紳士サミュエル・ピープスは10年間にわたって膨大な日記を書き残した。
これは日記文学の白眉として、またイギリス近世史・社会史の第一級の資料として著名である。
収賄に励み好色で海軍委員会事務局長にまで出世することになるピープスは、妻君に読まれて浮気がバレないよう彼が独自に工夫した暗号で日記を書き、死後二世紀を経てようやく全文が解読されたほどである。
17世紀の人々の日常生活を明らかにし、かつ宮廷内のゴシップ、官界における汚職横行が明からさまに記される。
引用元:サミュエル・ピープスの日記 http://www.kokubunsha.co.jp/series/pepys.html

On 1 January 1660 (“1 January 1659/1660” in contemporary terms), Pepys began to keep a diary. He recorded his daily life for almost ten years. This record of a decade of Pepys’ life is more than a million words long and is often regarded as Britain’s most celebrated diary.[21] Pepys has been called the greatest diarist of all time due to his frankness in writing concerning his own weaknesses and the accuracy with which he records events of daily British life and major events in the 17th century.[22] Pepys wrote about the contemporary court and theatre (including his amorous affairs with the actresses), his household, and major political and social occurrences.[23]
引用元:Samuel Pepys – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Samuel_Pepys