死【四】八幡原の戦い

上杉謙信と武田信玄による
川中島の戦いで、武田信繁、
山本勘助が戦死する最大の激戦
となったのは何回目の戦い?
4回目(答)

3回目
5回目
2回目
61%

135nuXiipvvBh
1570年に織田信長・徳川家康の
連合軍が浅井長政・朝倉義景の
連合軍を破った戦いがあった
場所はどこ?
(画像選択肢)
1の画像 1573「三方ヶ原の戦い」静岡県浜松市北区三方原町
2の画像 1553「川中島の戦い」長野県長野市南郊
3の画像(答)1570「姉川の戦い」滋賀県長浜市姉川河原
4の画像 1582「山崎の戦い」京都府乙訓郡大山崎町
引用元:「戦国時代の合戦と都道府県」長野県「川中島の戦い」滋賀県「姉川の戦い」静岡県「三方ヶ原の戦い」京都府「山崎の戦い」羽柴秀吉と明智光秀 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/7485/

101gtelymdfiad
次の川中島の戦いでの合戦と
その別名の正しい組み合わせを
選びなさい
第二次合戦───犀川の戦い
第一次合戦───布施の戦い
第五次合戦───潮崎の戦い
第三次合戦───上野原の戦い
第四次合戦───八幡原の戦い
35%
引用元:第一次「布施」第二次「犀川」第三次「上野原」第四次「八幡原」第五次「潮崎」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/30543/

019jLGXwzN
野田城の戦い
「大ていは地に任せて~」
病状が悪化して撤退
現在の長野県で病死
上杉謙信の最期
豊臣秀吉の最期
徳川家康の最期
武田信玄の最期(答)
引用元:武田信玄の最後 辞世「大ていは地に任せて肌骨好し 紅粉を塗らず自ら風流」 明智光秀の辞世「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/24867/

順番当て
次の文字列を順に選んで戦国の武将・上杉謙信の辞世の句である漢詩にしなさい
四十九年 しじゅうくねん
一睡夢 いっすいのゆめ
一期栄華 いちごのえいが
一盃酒 いっぱいのさけ

川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で、北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう。最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊[1])を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれる。

なお、上記の指揮官、戦力、損害については第四次合戦のものであることを断っておく。

第四次合戦[編集]
『甲陽軍鑑』によれば、永禄3年(1560年)11月には武田氏一族の「かつぬま五郎殿」が上杉謙信の調略に応じて謀反を起こし、成敗されたとする逸話を記している。勝沼氏は武田信虎の弟である勝沼信友がおり、信友は天文4年(1535年)に死去しているが、『甲陽軍鑑』では「かつぬま五郎殿」を信友の子息としているが、一方で天文8年頃には府中今井氏の今井信甫が勝沼氏を継承して勝沼今井氏となっている。信甫の子息には信良がおり、謀反を起こした「かつぬま五郎殿」はこの信良を指すとする説がある。

川中島の戦いの第四次合戦は、永禄4年(1561年)に行われ、八幡原の戦いとも言う。第一次から第五次にわたる川中島の戦いの中で唯一大規模な戦いとなり、多くの死傷者を出した。

一般に「川中島の戦い」と言った場合にこの戦いを指すほど有名な戦いだが、第四次合戦については前提となる外交情勢については確認されるが、永禄4年に入ってからの双方の具体的経過を述べる史料は『甲陽軍鑑』[注釈 1]などの軍記物語のみである。そのため、本節では『甲陽軍鑑』など江戸時代の軍記物語を元に巷間知られる合戦の経過を述べることになる。確実な史料が存在しないため、この合戦の具体的な様相は現在のところ謎である。しかしながら、『勝山記』[注釈 2]や上杉氏の感状や近衛前久宛文書など第四次合戦に比定される可能性が高い文書は残存しているほか、永禄4年を契機に武田・上杉間の外交情勢も変化していることから、この年にこの地で激戦があったことは確かである。現代の作家などがこの合戦についての新説を述べることがあるが、いずれも史料に基づかない想像が多い。

10日(ユリウス暦では1561年10月18日、現在のグレゴリオ暦に換算すると1561年10月28日)午前8時頃、川中島を包む深い霧が晴れた時、いるはずのない上杉軍が眼前に布陣しているのを見て、信玄率いる武田軍本隊は動揺した。政虎は、柿崎景家を先鋒に、車懸り(波状攻撃[19])で武田軍に襲いかかった。武田軍は完全に裏をかかれた形になり、鶴翼の陣(鶴が翼を広げたように部隊を配置し、敵全体を包み込む陣形)を敷いて応戦したものの、上杉軍先鋒隊の凄まじい勢いに武田軍は防戦一方で信玄の弟の武田信繁や山本勘助、諸角虎定、初鹿野忠次らが討死、武田本陣も壊滅寸前であるなど危機的状況であったという。
引用元:川中島の戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84