les fauves【Louis Vauxcelles】

マティスやルオーらの作品を見て
「まるで野獣のようだ」と評し
「野獣派」という言葉が生まれる
きっかけを作った批評家は?
ルルクイセ・ーボ
ルイ・ボークセル(答)
44%

144aVdwFyuCpT
『金魚鉢のある風景』
『ルーマニアのブラウス』
『王の悲しみ』
『ダンス』
マティス(答)
エドガー・ドガ
カミーユ・ピサロ
エゴン・シーレ
引用元:マティス『金魚鉢の風景』『ルーマニアのブラウス』『王の悲しみ』『ダンス』 エゴン・シーレ『死と乙女』オーストリア 「エレミー・フレーゲ」クリムト『接吻』のモデル | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/8425/

007kqMrHkL
次のうち、フランス語の
定冠詞を全て選びなさい
la(答)
les(答)
le(答)
las
53%引用元:伊語定冠詞「il」「 i」「la」「le」仏語定冠詞「le」「 la」「les」二人称代名詞「tu」「vous」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/26627/

Louis Vauxcelles (1 January 1870 – 21 July 1943[1]), born Louis Meyer, was an influential French Jewish art critic.[2] He is credited with coining the terms Fauvism (1905), and Cubism (1908).

Vauxcelles was born in Paris. He coined the phrase ‘les fauves’ (translated as ‘wild beasts’) in a 1905 review of the Salon d’Automne exhibit to describe in a mocking, critical manner a circle of painters associated with Matisse.
引用元:Louis Vauxcelles – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Louis_Vauxcelles

フォービスム
Fauvisme

野獣派,野獣主義,フォーブともいう。 20世紀初頭フランスに起った絵画運動。印象派の衰微した画風に反発し,ゴッホ,ゴーガン,セザンヌの作品に刺激された若い画家たちが,相互の交友関係を土台に一時期,同一歩調を示した運動。原色主体の激動的色彩と大胆な筆触から,粗野で力強い画面を生み出した。通説によれば,1905年のサロン・ドートンヌの一室に展示されたある彫刻を,批評家 L.ボークセルが「野獣たち (フォーブ) の檻に入れられたドナテロ」と評したのがこの名称の由来という。中心作家は H.マチス,A.マルケ,H.マンギャン,C.カモアン,ブラマンク,A.ドラン,R.デュフィ,O.フリエス,ブラック,K.ドンゲン,J.ピュイなど。 07~08年以降彼らは各自の個性的表現の探究に向い,グループは崩壊した。日本では大正末期からすでにフォーブ的な作品が現れ,万鉄五郎の『裸体美人』 (1912) やフュウザン会の作品などにその傾向がみられる。また 26年に前田寛治,里見勝蔵,佐伯祐三らがフォービスムを基調とした「1930年協会」をつくり,昭和初期の洋画壇の主傾向は日本的感性に基づくフォービスムであった。
引用元:フォービスムとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%A0-123547