「康乾盛世」康熙帝(聖祖) 雍正帝(世宗「文字の獄」「キャフタ条約」) 乾隆帝(高宗)

078rktJAdMetV
「三世の春」と呼ばれる
最盛期を作った
中国・清代の皇帝の
元号に基づく名を1つ答えなさい
こうきてい 康熙帝
ようせいてい 雍正帝
けんりゅうてい 乾隆帝

CIMG5763
チベットを分割
清の5代皇帝
文字の獄
キャフタ条約を締結
雍正帝(答)ようせいてい
康煕帝 こうきてい
咸豊帝 かんぽうてい
光緒帝 こうしょてい

こじつけですが、雍正帝の「正」の字が5画なので第五代みたいな感じで。

089QmFEROavBY
次の清朝皇帝と廟号の
正しい組み合わせを選びなさい
ホンタイジ───太宗
康煕帝───聖祖
雍正帝───世宗


母は西太后
日本が台湾を占拠
太平天国の乱が終結
清の第10代皇帝
→同治帝 どうちてい

連想
わずか2歳で皇帝に即位
清の第12代皇帝
1934年に満州国皇帝となる
映画「ラストエンペラー」
→宣統帝 せんとうてい

康乾盛世(こうけんりゅうせい)または康雍乾盛世(こうようけんりゅうせい)とは中国清(1636年 – 1912年)の三代の皇帝、第4代康熙帝・第5代雍正帝・第6代乾隆帝の治世(1661年 – 1795年)の国力が盛んで繁栄した時代を指す。清の領土は最大版図に達し、文化が興隆した。
引用元: 康乾盛世 – Wikipedia.

康熙帝(こうきてい)は、清の第4代皇帝。諱は玄燁(げんよう、燁は火偏に華)、廟号は聖祖、諡号は合天弘運文武睿哲恭倹寛裕孝敬誠信功徳大成仁皇帝(略して仁皇帝)。在世時の元号康熙を取って康熙帝と呼ばれる。
>また、丁銀(人頭税)の額を1711年の調査で登録された人丁(16歳~59歳の成年男子)の数に対応した額に固定し、1711年以降に登録された人丁に対する丁銀を当面免除した。これは地丁銀制へとつながる。
文化的にも『康熙字典』、『大清会典』、『歴代題画』、『全唐詩』、『佩文韻府』などを編纂させ、『古今図書集成』の編纂を命じた(完成は雍正帝の時代)。
引用元: 康熙帝 – Wikipedia.

雍正帝(ようせいてい)は、清の第5代皇帝。諱は胤禛(いんしん(禛の字は示眞))、廟号は世宗、謚号は憲皇帝(temgetulehe hūwangdi)。在世時の元号を取って雍正帝と呼ばれる。
>文字の獄[編集]
父康熙帝が行った文人弾圧を雍正帝も強く行い、何冊もの本が禁書となった。清朝を批判する者には厳罰で臨んだ。
引用元: 雍正帝 – Wikipedia.

乾隆帝(けんりゅうてい)は、清の第6代皇帝。清王朝の最盛期を創出する。諱は弘暦(こうれき)、廟号は高宗(こうそう)。在世時の元号の乾隆を取って乾隆帝と呼ばれる。
>乾隆帝の功績としてまず挙げられるのが「十全武功(英語版)」(じゅうぜんぶこう)と呼ばれる10回の外征である。
引用元: 乾隆帝 – Wikipedia.