【Cylinders of Nabonidus】【オピスの戦い】

アケメネス朝ペルシアに敗れた
新バビロニア最後の王です
ナボニドゥス
21%

ナボニドス
Nabonidos

新バビロニア帝国最後の王 (在位前 556~539) 。バビロニア名ナブ=ナイド。月神シンを崇拝したためマルドゥクの神官の圧迫を受けた。シリア遠征中病を得,息子ベルシャザルに治世をゆだねてアラビアにこもった。前 539年バビロンに戻ったが,アケメネス朝ペルシアのキュロス2世により,同地は陥落し,彼はカルマニアへ追放され,帝国は滅亡した。
引用元:ナボニドスとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8A%E3%83%9C%E3%83%8B%E3%83%89%E3%82%B9-108426

オピスの戦い(Battle of Opis)は、紀元前539年9月に行われた、ペルシア軍のメソポタミア侵攻時におけるキュロス大王率いるペルシア軍とナボニドゥス率いる新バビロニア帝国軍の間の主要な会戦である。当時、バビロニアは西アジアにおいて、まだペルシア帝国の傘下に入っていない最後の大国であった。戦いはバビロニア帝国の首都バビロンの北、川沿いの戦略的要衝都市オピスの中または近くで行われた。戦闘は、バビロニア軍の決定的な敗北に終わった。数日後、都市シッパルはペルシア軍に降伏。その後、キュロスの軍は、戦闘を経ずにバビロンに入城した。続いてキュロスは、バビロニア及びその支配領域の王への就任を宣言。こうしてバビロンの独立は終焉し、バビロニア帝国はより巨大なペルシア帝国へと組み込まれた。
引用元:オピスの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%94%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

ナボニドゥス(Nabonidus, ? – 紀元前539年)は新バビロニア最後の王(在位:紀元前555年 – 紀元前539年)。アラム系であると言われ、アッカド語では名前はナブー・ナイド(Nabû-nā’id)と表記される。

歴史[編集]
現代のナボニドゥスの治世への認識は、彼のバビロンの王としての治世よりもはるかに後代の、特にペルシア人とギリシア人による記述に負うところが大きい。その結果、ナボニドゥスは近代・現代の学問では否定的な意味で描かれることが多い。しかしながら、証拠の蓄積と現存する史料の再評価により、ナボニドゥスや彼の治世における出来事に対する評価は、この数十年で著しく変わってきた [1]。
引用元:ナボニドゥス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9C%E3%83%8B%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%B9

ナボニドゥスの円筒形碑文(Cylinders of Nabonidus)には、バビロニアの王ナボニドゥス(治世紀元前556 – 539年)の楔形文字碑文が記されている。碑文は円筒形の粘土に記載されている。これらはシッパル出土のものや、ウル出土のもの、合わせて4つの円筒形碑文がある。
引用元:ナボニドゥスの円筒形碑文 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9C%E3%83%8B%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%86%86%E7%AD%92%E5%BD%A2%E7%A2%91%E6%96%87