【ナイロンザイル切断事件】

井上靖の小説『氷壁』の
舞台となっているのは
ヨーロッパである
×(答)
◯日本
62%

◯×
井上靖の芥川賞受賞作『闘牛』は闘牛大会を描いた作品である
◯(答)

氷壁
井上靖/著

907円(税込)
本の仕様
発売日:1963/11/07

奥穂高に挑んだ小坂乙彦は、切れるはずのないザイルが切れて墜死した――恋愛と男同士の友情がドラマチックにくり広げられる長編。
引用元:井上靖 『氷壁』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/106310/

『氷壁』(ひょうへき)は、井上靖の長編小説。1956年2月24日から1957年8月22日まで「朝日新聞」に連載され、1957年に新潮社から単行本が刊行された。

切れるはずのないナイロンザイルが切れたために登山中に死亡した友人の死を、同行していた主人公が追う。1955年に実際に起きたナイロンザイル切断事件の若山五朗、北鎌尾根で遭難死した松濤明、芳田美枝子(奥山章夫人)ら複数のモデルがいる。友情と恋愛の確執を、「山」という自然と都会とを照らし合わせて描いている。
引用元:氷壁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E5%A3%81

ナイロンザイル事件(ナイロンザイルじけん)、もしくはナイロンザイル切断事件(ナイロンザイルせつだんじけん)は、1955年(昭和30年)1月2日[1]に日本の登山者がナイロン製のクライミングロープ(ザイル、以降ロープと記述する)を原因として死亡した事件。また、それに端を発した日本の登山界での騒動である。

影響[編集]
この切断に端を発した問題は「ナイロンザイル事件」と呼ばれる社会問題に発展し[1]、作家の井上靖が朝日新聞に連載した[1]小説『氷壁』の素材[1]としてこの事件の初期段階を書いた。これは上高地や、上高地・梓川上流にある徳沢に多くの人が訪れるきっかけとなった。
引用元:ナイロンザイル事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6