【井伊】直該もり、直幸ゆき、直亮あき、直弼すけ

次の人物を
江戸時代の老中の上に置かれた
臨時職「大老」に就いたのが
古い順に選びなさい
酒井忠清
堀田正俊
井伊直該
井伊直幸
井伊直亮
井伊直弼
酒井忠績
30%

大老
たいろう
江戸幕府の役職中、最高位の職名。常置の職ではない。創置は不詳。酒井忠世(ただよ)(雅楽頭(うたのかみ))に始まると伝えるが確証はなく、むしろ1638年(寛永15)の老中土井利勝(としかつ)(大炊頭(おおいのかみ))・同酒井忠勝(雅楽頭分家讃岐守(さぬきのかみ))両人の格上げをもって大老職の設置としたほうがよかろう。こののち、酒井忠清(ただきよ)(雅楽頭、1666~80)、井伊直澄(なおすみ)(掃部頭(かもんのかみ)、1668~76)、堀田正俊(まさとし)(筑前(ちくぜん)守、1681~84)、井伊直興(なおおき)(直該(なおもり)、掃部頭、1697~1700、1711~14)、同直幸(なおひで)(掃部頭、1784~87)、同直亮(なおあき)(同、1835~41)、同直弼(なおすけ)(同、1858~60)、酒井忠績(ただしげ)(雅楽頭、1865.2~65.11)の順序で補任(ぶにん)された。ちなみに、大老格の柳沢吉保(やなぎさわよしやす)(松平、美濃(みの)守、1706~09)は役職上は終始側用人(そばようにん)であったと思われる。定員は通常1人、官位は井伊氏のみ家格によって正四位(しょうしい)中将、他氏は従(じゅ)四位少将となり、日々登城し、老中の上班にあって大政を総理したが、月番御用、評定所(ひょうじょうしょ)出座、奉書加判は免じられ、ときに御内書のことをつかさどった。老中・若年寄ともども殿中御用部屋に詰め、そのうち上之間の入側上座に屏風(びょうぶ)様太鼓張(たいこばり)の障子をもって一画したところで執務した。
引用元:大老(たいろう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E8%80%81-92306

大老(たいろう)
2008/05/29
山本博文
江戸幕府の政務を統括する最高職。非常置で、置かれるときも1人である。3代将軍・家光の年寄(のちの老中)・土井利勝と酒井忠勝が奉書加判(ほうしょかはん。老中奉書に署名し、花押を据えること)などの日常政務を免除され、大政にのみ関与するよう命じられたのを大老職の始まりとするが、その時点でも両人は少将の官位に昇進せず、のちの大老とは格式において差がある。寛文6年(1666)、4代・家綱政権期の酒井忠清は、すでに少将の官位にあったから、忠清が老中を免除されてなお政務に関与したのを大老の始まりとするのが適当である。次いで天和元年(1681)、5代・綱吉政権の成立に功のあった堀田正俊が少将となり、大老に任じられて、大老職が確立する。ただし、堀田家は以後大老を出さず、酒井家も、元治2年(1865)2月1日、酒井忠績(ただしげ)が江戸幕府最後の大老に就任するまで大老を出さなかったため、以後の大老は井伊家のみから出ることになった。井伊家は、3代・家光のとき、井伊直孝(いいなおたか)が政務を後見する任にあったが、これを大老とすることは少なく、5代・綱吉政権期の井伊直興(いいなおおき)が井伊家から大老に任じられた初めとするのが一般的である。井伊家は、譜代大名の筆頭で、当主が少将に叙任される家だから、政治に関与するときは、老中は役不足であったことから、大老とされたものであろう。ただし、直興(直該[なおもり]と改名して2度目の大老を務める)、直幸、直亮(なおあき)と続く井伊家の大老が、政治にそれほどの影響力をもったとは思えない。直弼(なおすけ)の代に至り、13代・家定に大老に任じられると、将軍継嗣(しょうぐんけいし。跡継ぎ)を紀州藩の慶福(のちの家茂)とし、安政の大獄を推進するなど権力を振るった。これは、ペリー来航という時代の特殊性と直弼の個性によるところが大きい。
引用元:大老(たいろう) | 時代劇用語指南 | 情報・知識&オピニオン imidas – イミダス https://imidas.jp/jidaigeki/detail/L-57-036-08-04-G252.html