キンシャサ【旧レオポルドヴィル】

1831年に即位した
初代ベルギー国王は
◯◯◯◯◯1世?
フオベルド
レルポッン
ボィドワル
レオポルド(答)
32%

052xoRtkfn
2013年7月、ベルギーで史上
初めて自らの意志で退位した
国王は◯◯◯◯◯2世?
レィリワン
フルドップ
アオベルド
アルベール(答)
「アルベール2世」
引用元:「アルベール」2世 ベルギー史上自ら退位した国王 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/21120/


開催年は1884~1885年
開催地はドイツ
ベルギーとポルトガルの独立
列強によるアフリカ分割を討議
アルヘシラス会議
ベルリン会議(答)
大陸会議
ラシュタット会議
38%

連想
議長はペイトン・ランドルフ
開催年は1744年~1781年
北米13州の植民地代表が開催
アメリカ独立戦争の契機
大陸会議(答)

連想
開催地はドイツ
議長はフェルセン伯爵
開催年は1798年
神聖ローマ帝国とフランス
ラシュタット会議(答)

連想
開催年は1906年
開催地はスペイン
第一次モロッコ事件の収拾
モロッコがフランスの勢力圏に
アルヘシラス会議(答)
引用元:「ベルリン会議」1884~ベルギーの独立,アフリカの分割 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/32995/


次のアフリカの国の
首都をその旧名の
正しい組み合わせを選びなさい
キンシャサ───レオポルドヴィル
ンジャメナ───フォール・ラミー
マプート───ロレンソ・マルケス
35%
引用元:キンシャサ「レオポルドヴィル」ンジャメナ「フォール・ラミー」マプート「ロレンソ・マルケス」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/38404/

レオポルト(1世)(ベルギー国王)
れおぽると
Leopold
(1790―1865)

ベルギーの初代国王(在位1831~65)。ザクセン・コーブルク・ザールフェルト公フランツ・フリードリヒの末子。イギリス女王ビクトリアの叔父にあたる。若くして軍務に服し、ナポレオン1世の宮廷にも仕えた。ナポレオン戦争中はロシア軍の騎兵隊士官として活躍した。1816年、イギリス王女シャルロットCharlotteと結婚。翌年の妃の没後も31年までイギリスに在住し、その間各国の諸制度を視察した。30年ギリシア王への即位を辞退。翌年、独立したばかりのベルギー王となった。即位の直後、オランダの侵略をフランス軍の援助により撃退した。32年にフランス王ルイ・フィリップの長女ルイーズ・マリー・ドルレアンLouise Marie d’Orleansと再婚。39年、対オランダ問題を解決し、さらにベルギーの中立維持に努力した。彼は立憲君主制を確立したが、自身は絶対君主的性格を示した。最初の大陸鉄道の敷設など産業の発展に寄与し、人望が厚かった。[黒沢文貴]
引用元:レオポルト(1世)(れおぽると)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88%281%E4%B8%96%29%28%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E5%9B%BD%E7%8E%8B%29-1608597

19世紀にはここにキンシャサとキンタンボという名前の2つのコンゴ人の村落があり、キンタンボは族長ヌガリエマのもとで交易の中心として人口5,000人を数えていたが、ベルギー王レオポルド2世の命で探険を進めていたスタンリーが、1881年にレオポルド山(現在のヌガリエマ山)のふもとに拠点を設け、レオポルドヴィルと名付けた。

1885年にはコンゴ自由国領となり、政府によって内陸河川交通の要所として注目され、1898年にはマタディ・キンシャサ鉄道が開通し、沿岸部との交通が整備された。これ以降、内陸部の物資を船で集め、鉄道で海岸へと運び出す経済の要所となり、発展が始まった。1908年にはコンゴ自由国(レオポルド2世の私領)からベルギーの植民地へと移管され、1926年には、コンゴ河口に近いボマにかわってベルギー領コンゴの都とされた[4]。

コンゴ自由国時代の反省からベルギー領コンゴでは入植者に政治権力を持たせず、本国議会が集中管理を行ったためレオポルドヴィルは立法機能を持たなかったが、政府の決定を執行する行政府は大きな力を持ち、行政府の集中するレオポルドヴィルは急速な成長を遂げていった。首都となった1926年にはすでに20,000人の人口を抱えていたが、1950年には人口は20万人に達していた[5]。第2次世界大戦後には本国からの投資が急増し、農産物加工や食品、鉱業関係の企業によって工業化が進んでいった。これに伴いレオポルドヴィル市民の生活も向上し、民間企業中心に中産階級も出現し、彼らによってリンガラ音楽などの新しい文化が生み出されていった[6]。

レオポルドヴィルには1959年には独立を求める暴動が起こり、翌1960年の独立に影響を与えた。しかし独立後はすぐにコンゴ動乱が勃発し、国内は内戦の渦に飲み込まれた。出現した中産階級も産業の壊滅とともに姿を消した。こうした中、クーデターで政権を握ったモブツは1966年、オータンティシテ(真正化)政策と名づけた文化のアフリカ化政策を実行し、レオポルドヴィルは植民地化以前にあった村のひとつの名前を取ってキンシャサと改名された。
引用元:キンシャサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B5

1.王室の起源等

(1)立憲君主制の採択
 ベルギーの国家独立は1830年であるが、独立後の政体に関しては、人民民主主義の急激な導入による革命行動の過激化及び社会体制の激変を恐れる保守・自由両陣営の意見が一致し、共和制ではなく、立憲君主制を採択することとなった。

(2)初代国王レオポルド1世の即位
 このため、現ドイツ領ザクセン地方の領主ザクセン・コーブルグ・ゴータ公爵家の第8子レオポルド(1790年12月16日生まれ)が、1831年7月21日にブラッセルにおいて宣誓を行い、初代ベルギー国王レオポルド1世として即位した。なお、ベルギーではこれを記念して毎年7月21日を建国記念日の祝日と定めている。

(3)外国王室との縁戚関係
 同国王はかつて、早逝したイギリス王女シャルロットの夫君として英国籍を取得していたことがあり、また、同国王の姪が将来のヴィクトリア英国女王、同じく甥が同女王の夫君アルバート殿下となったことから、英王室とは極めて親密な関係にあった。英王室そのものも、次のエドワード7世の治世下、従来のハノーバー家でなく一時サックス・コーバーグ・ゴータ家と呼ばれていたことがある(後にウインザー家と改称)。
 また、1832年に同国王はフランス・オルレアン家のルイーズ・マリー王女と再婚し、仏王室とも縁戚関係となった。  さらに、第2代レオポルド2世以下の歴代国王も外国から妃を迎えており、ヨーロッパのほとんどの王室と縁戚関係がある。
引用元:ベルギーの王室(要人来日日程 平成8年) https://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/yojin/arc_96/bergium/b_royal.html