イチジク

旧約聖書『創世記』に登場する
最初の人類アダムとイブが
腰を隠すのに使ったのは
どんな植物の葉?
イチジク(答)

ヤシ
セコイア
バナナ
46%

CIMG8478CVfvlsD6Jq2t
次の果物と英語での呼び名の
正しい組み合わせ選びなさい
ザクロ───pomegranate
アンズ───apricot
カキ───persimmon

ビワ───loquat
マルメロ───quince
イチジク───fig
引用元:サバ「mackerel」ニシン「herring」カツオ「bonito」ヒラメ「flounder」メダカ「killifish」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/20409/


生ハムやソーセージに添えて食べ
られる、シロップで煮た果物に
マスタードエッセンスを加えた
北イタリア地方のジャムは?
タモスダル
モスタルダ(答)
35%
引用元:モスタルダ | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/41297/

果実の種類[編集]
西ヨーロッパ[編集]
禁断の果実はしばしばリンゴとされるが、これはラテン語で「善悪の知識の木」の悪の部分にあたる「malus」は「邪悪な」を意味する形容詞だが、リンゴも「malus」になるため、取り違えてしまったか、二重の意味が故意に含まれていると読み取ってしまったものとされる。創世記2章17節の「善と悪の知識の木」の部分は、ヴルガータ(標準ラテン語訳聖書)では「de ligno autem scientiae boni et mali」となる(mali は malus の属格)。

人間ののどにある喉頭は、特に男性の場合は喉頭隆起(のど仏)として目立っているが、西欧各国語ではこれを「アダムのリンゴ」と呼ぶ。これはアダムが禁断の果実を飲み込もうとして引っかかったことから来ているとされる。

キリスト教徒の中には、イチジクであると考えるものもいるが、これはアダムとイブが陰部をイチジクの葉で隠すようになったという記述から来ている(イチジクの樹は、創世記の中でも特に名指しで描かれている)。イチジクは長年、女性の性的特質のシンボルとされており、イタリア・ルネサンスの時期には、イチジクが描かれたこともあった。イチジクを禁断の果実として描いた作品の中で有名なものには、ミケランジェロが手がけたシスティーナ礼拝堂天井画がある[2]。
引用元:禁断の果実 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E6%96%AD%E3%81%AE%E6%9E%9C%E5%AE%9F