同名の孫

明治の作家・仮名垣魯文の
小説『西洋道中膝栗毛』は
『東海道中膝栗毛』の主人公の
孫の活躍を描いたものである
◯(答)
40%

十返舎一九の滑稽本『東海道中
膝栗毛』の「膝栗毛」とは
馬で旅行することである
×(答)
◯徒歩で旅行すること
57%

引用元:【徒歩旅行】膝栗毛 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/47729/

005GkLRAKqODM
『好色一代男』を書いた
江戸時代の作家・井原西鶴は
『好色一代女』も書いている
◯(答)
引用元:『好色一代女』も書いている 井原西鶴 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/11917/

『万国航海 西洋道中膝栗毛』(ばんこくこうかい せいようどうちゅうひざくりげ)は、仮名垣魯文・総生寛(第12編より)作の滑稽本。1870年(明治3年)12月 – 1876年(明治9年)刊。初編序文には明治3年9月とある。全15編30冊、万笈閣刊。挿画は落合芳幾・3代目歌川広重(第5編)・猩々暁斎など。

概要[編集]
十返舎一九の『東海道中膝栗毛』にならって、弥次郎兵衛、北八の3代目の孫ふたりを、イギリスのロンドン万国博覧会見物に出立させ、その道中の滑稽を叙したものである。当時、大当たりをとっていた福澤諭吉の『西洋旅案内』にあてこみ、これと膝栗毛の趣向を取り合わせたのである。魯文には洋行体験はないものの、英文の読書は出来たので、文物の知識は的確であり物語としては荒唐無稽ではない。しかし、後半は話のスケールが広がって、魯文の手にあまり、他の作者に委託している。
引用元:西洋道中膝栗毛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E9%81%93%E4%B8%AD%E8%86%9D%E6%A0%97%E6%AF%9B

西洋道中膝栗毛
上 全2冊
著者 仮名垣魯文 著 , 小林 智賀平 校訂
弥次郎兵衛・喜多八が失敗を重ねながらも万事を茶化し,しゃれのめしてめでたく帰国するという万国旅行記であるが,文明開化に戸惑った江戸っ子の姿や当時の混沌たる世相やことばが生き生きと描かれている.開化ものの代表作として有名であり,特に江戸ことばより近代語への変遷を伝えた好個の文献として得がたい書である.明治3年刊.
引用元:西洋道中膝栗毛 – 岩波書店 https://www.iwanami.co.jp/book/b248859.html