【洪】トリアノン条約【墺】サンジェルマン条約

1919年にトリアノン条約を
結んだのは連合国とどこの国?
(画像出題)
ハンガリーをタッチ(答)
18%


引用元:ハンガリー | 外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hungary/index.html

トリアノン条約
とりあのんじょうやく
第一次世界大戦とオーストリア・ハンガリー帝国崩壊ののち、1920年6月4日、ベルサイユのトリアノンTrianon宮殿で、連合国とハンガリーとの間に結ばれた講和条約。この条約とサン・ジェルマン条約とにより、ハンガリーはオーストリアから独立し、旧ハンガリー領からは、スロバキア、クロアチア、トランシルバニアが分離、一部領土はオーストリアとイタリアに割譲された。これによりハンガリーは旧領土面積の3分の2、人口の5分の3を失った。戦前多民族国家であったハンガリーは、この領土分割によって単一民族国家になったが、逆に300万人の自民族を国外に置くこととなった。以後、戦間期ハンガリーには強力な失地回復運動が起こり、それが政治、外交、文化を規定した。一方、ハンガリーから領土を得た周辺諸国は、この条約の維持を目ざして「小協商」を結成、ハンガリーの動きを牽制(けんせい)した。
引用元:トリアノン条約(トリアノンじょうやく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%B3%E6%9D%A1%E7%B4%84-106330

サンジェルマン条約
サンジェルマンじょうやく
Peace Treaty of Saint-Germain

1919年9月 10日,第1次世界大戦の戦後処理の一環として,連合国とオーストリアがパリ西方のサンジェルマンアンレで結んだ講和条約。この条約により,オーストリア帝国内の異民族国家チェコスロバキア,セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国,ポーランド,ハンガリーの独立が承認され,またオーストリアはイタリア,ルーマニアに領土を割譲した結果,面積で戦前の4分の1,人口で3分の1になった。このほか徴兵制度の禁止,陸軍を3万人にする軍備制限,ドイツとの合併 (Anschluss) の禁止,賠償支払いなども規定された。
引用元:サンジェルマン条約(サンジェルマンじょうやく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E6%9D%A1%E7%B4%84-70724