「ヤノベケンジ」矢延 憲司 現代アート作家『タンキングマシーン』『ウルトラ』

284cboBLsnyXe
大型機械を使った彫刻作品で
知られる現代アートの作家
ヤノベケンジ

ヤノベ ケンジ(本名:矢延 憲司、1965年 – )は、大阪府茨木市出身の現代美術作家。
大阪府立春日丘高等学校を経て、1989年京都市立芸術大学美術学部彫刻専攻卒業。英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに短期留学。1991年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。1994年から3年間ベルリンに活動拠点を置き、現在は大阪府高槻市在住。
フジテレビの元スポーツ部プロデューサー(現在は人事部に異動)だった矢延隆生は実兄である。
>「子供時代の記憶や関心」に基づいて、「現代社会と終末の未来を生き抜くためのサバイバル・マシーンである機械彫刻群」を、「妄想の力」によって制作してきたヤノベの根底にある体験は、自宅近くの大阪万博会場跡地で遊んだことという。6歳で茨木市に引っ越してきたときにはすでに万博は終了し、跡地は再利用の計画も曖昧なまま更地工事が続いていた。近未来的なパビリオンの残骸や、巨大ロボット・デメが放置されたお祭り広場で遊んだとき「未来の廃墟」のイメージを見たが、不思議と悲しくはなく、むしろ何もなくなったこの場所から何でも作り出せる、と胸の高鳴りを覚えたという。
引用元: ヤノベケンジ – Wikipedia.

>ヤノベケンジ Kenji Yanobe
65年大阪府生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。90年、生理的食塩水を入れたタンクの中に鑑賞者が実際に入って瞑想することができる作品《タンキング・マシーン》で、第1回キリンコンテンポラリーアートアワード最優秀作品賞受賞。主な展覧会に、92年滞在制作「妄想砦のヤノベケンジ」(水戸芸術館)、03年「メガロマニア」(国立国際美術館)、04年「六本木クロッシング」(森美術館)、04年滞在制作「子供都市計画」(金沢21世紀美術館)、05年「キンダガルテン」(豊田市美術館)、07年「トらやんの世界」(霧島アートの森)、09年「トらやんの大冒険」、「ウルトラ」(豊田市美術館)など。現在大阪府在住。
引用元: ヤノベケンジ 「ジャイアント・トらやんの大冒険」展 | 銀座 BLD GALLERY ビーエルディーギャラリー.

YANOBE KENJI ART WORKS
引用元: YANOBE KENJI ART WORKS.