不和の林檎

ギリシャ神話で招待されたなかった
結婚式に乗り込んで黄金のりんご
を投げ入れ、トロイ戦争の発端
となる争いを起こした女神は?
ニネブ
エリル
テオナ
エリス(答)
24%


次のうち
準惑星を全て選びなさい
ハウメア(答)
エロス
ケレス(答)
エリス(答)
マケマケ(答)
冥王星(答)
引用元:「準惑星」エリス、ハウメア、冥王星、マケマケ、ケレス | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/34443/


小説『世界の中心で愛を叫んだ
けもの』『少年と犬』『死の鳥』
で有名なアメリカのSF作家は
ハーラン・◯◯◯◯?
マリター
ヴィンジ
ベシナク
エリスン(答)
引用元:エリスン | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/40432/

不和の林檎(ふわのりんご、Apple of Discord)は、ギリシア神話において、トロイア戦争の発端とされる事件である。

アイアコスの子・ペーレウスと海の女神・テティスの結婚式には全ての神々が招かれた中、ただ一柱、不和と争いを司る女神・エリスは招待されなかった[1][2]。彼女は怒り、宴会の席に「最も美しい女神に(καλλίστῃ)」という文字が書かれた黄金の林檎を投げ入れた[1]。ゼウスの妻・ヘーラー、戦いと知恵の女神・アテーナー、愛と美の女神・アプロディーテーは、それぞれ自分が一番美しい容貌の持ち主であるとして、この林檎を得るために争った[2]。その後の出来事はパリスの審判を参照。

この事から、「不和の林檎」という言葉は、論争の要点や、小さな出来事が大事になることを表す言葉となった[3]。
引用元:不和の林檎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%9E%97%E6%AA%8E

エリス(古希: Ἔρις, Eris)はギリシア神話の不和と争いの女神である。ローマ神話のディスコルディア(Discordia)に相当する。

神話
ホメーロスによれば、軍神アレースの妹で彼に従う。ヘーシオドスによれば、夜の女神ニュクスの娘で不和を好み、口争いや殺人などの種々の災いの母でもある。戦場では血と埃にまみれた鎧を着て槍を持ち、火炎の息を吐く。

女神テティスとペーレウスの結婚式に招かれなかった腹いせに、「最も美しい女神に」と記した黄金の林檎を宴の場に投げ入れ、ヘーラー、アテーナー、アプロディーテー3女神の争いを惹起し、パリスによる裁定(パリスの審判)を仰ぐことになり、トロイア戦争の遠因を作った。

通常、有翼の女性として描かれる。

娘に混沌と争いの女神デュスノミアーがいる。
引用元:エリス (ギリシア神話) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B9_(%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%A5%9E%E8%A9%B1)