【広い破壊】1618【30年後】ウェストファリア条約

ヨーロッパでいわゆる
「三十年戦争」が起きたのは
何世紀のこと?
18世紀

17世紀(答)
16世紀
19世紀
41%

044EdVvRSJ
次のうち
17世紀の出来事を
全て選びなさい
三十年戦争(答) 1618
イギリスで名誉革命(答)1688
アヘン戦争 1840

CIMG1224fzRpJfnETcwb
かつてヨーロッパで起きた
三十年戦争の講和条約である
ウェストファリア条約が締結
されたのは西暦何年?
82156
97430
1648(答)
「広い破壊」(1618年)の30年戦争から30年


ヨーロッパでいわゆる
「三十年戦争」が起きたのは
何世紀のこと?
17世紀(答)
16世紀
15世紀
19世紀
引用元:17世紀(1600年代)の出来事「三十年戦争」「イギリスで名誉革命」 1648「ウェストファリア条約」三十年戦争(1618「広い破壊」の三十年戦争)から30年後の講和条約 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/17266/

400ERrpSda
1632年の三十年戦争の激戦は
◯◯◯◯◯◯の戦い
リュッツェン(答)
「リュッツェンの戦い」
引用元:「リュッツェンの戦い」三十年戦争の激戦 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/24690/

1618年のベーメンの反乱から始まったドイツのキリスト教新旧両派の宗教内乱から、ヨーロッパの各国が介入して国際的な戦争となった。1648年、ウェストファリア条約で講和し、主権国家体制の確立をもたらした。

 ルターによって1517年に始まった宗教改革から、ほぼ百年後に起こった三十年戦争(1618~48年)は、最後にして最大の宗教戦争であった。
 ドイツ内の新旧両派の対立が、ベーメンでの事件を期に全ドイツに広がり、さらに西ヨーロッパの新教国、旧教国がそれぞれ介入したことによって大規模な国際紛争となった。そして、フランスが旧教支援から途中で新教支援に転換したように、単なる宗教戦争にとどまらず、ヨーロッパの覇権を巡る国際的な戦争へと変質していった。
 また当時のヨーロッパの封建制の最終的で全面的な危機である「17世紀の危機」の中の最も重要な動乱であった。この戦争の形態は、火砲(鉄砲)の使用による集団戦という近代的なものになっていたが、その兵力は各国王も領主も傭兵に依存しており、国民軍は編成されていなかった。
引用元:三十年戦争 https://www.y-history.net/appendix/wh0904-090.html

さんじゅうねん‐せんそう〔サンジフネンセンサウ〕【三十年戦争】
1618年から1648年にかけて、ドイツを中心に行われた宗教戦争。ボヘミア王フェルディナントの新教徒圧迫が原因で、デンマーク・スウェーデン・フランスも参戦、ウエストファリア条約によって終結した。主な戦場となったドイツは国土が荒廃し、皇帝権の弱化による諸邦の分裂と相まって、著しく近代化が遅れることになった。
引用元:三十年戦争(さんじゅうねんせんそう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%B9%B4%E6%88%A6%E4%BA%89-70801