【英】ハドリアヌスの長城【独】リーメス

次のうち
ハドリアヌスの長城を含む
世界遺産ローマ帝国の国境線が
またがる国を全て選びなさい
フランス
イタリア
イギリス(答)
ドイツ(答)
19%

ローマ帝国の国境線(ローマていこくのこっきょうせん)は、ユネスコの世界遺産登録物件名である。ローマ帝国の繁栄と衰退を残す文化的景観が評価されて、1987年にイギリスのハドリアヌスの長城が単独で登録された。その後、2005年にドイツのリーメスを拡大登録した際に現在の名称となり、2008年にはイギリスのアントニヌスの長城も含まれることが決定した。

ハドリアヌスの長城
詳細は「ハドリアヌスの長城」を参照
ハドリアヌスの長城は、イングランド北部のスコットランドとの境界線近くにある長城で、1世紀後半に版図にブリタニアを組み込んだローマ帝国がケルト人のうち、ローマに服従していないピクト人など北方諸部族の進入を防ぐために築いた。皇帝ハドリアヌスが長城の建設を命じ、122年に工事が開始される。

ニューカッスル・アポン・タインからカーライルまでの118kmにも及んだ。壁の高さは4から5m、厚さ約3m。後の方で建設された部分は、約2.5mに狭くなっている。完成当初は、土塁であった。その後、石垣で補強されたと考えられている。約1.5kmの間隔で、監視所も設置されていた。

リーメス
詳細は「リーメス」を参照

リーメスまたはリメス(Limes)は,ドイツのライン川とドナウ川の間に残るローマ帝国時代の長城跡。リーメスの建設は、紀元前2世紀頃から始まり、目的としては、ゲルマン民族の侵入からライン川・マイン川流域の肥沃な土地と通商路を守るためであった。リーメスの遺構は、主に長城と物見櫓、砦に分けられる。
引用元:ローマ帝国の国境線 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%A2%83%E7%B7%9A

ローマていこくのこっきょうせん【ローマ帝国の国境線】

1987年に登録、2005年、2008年に登録内容が変更されたイギリスとドイツの世界遺産(文化遺産)。ドイツのリーメス(全長550km)と、イングランド北部を東西に貫くハドリアヌスの長城(全長120km)、スコットランドのアントニヌスの長城(全長60km)が残る。ハドリアヌスの長城は2世紀前半、ケルト民族系のピクト人など北方民族の襲撃に備え、ローマ皇帝ハドリアヌスが造らせたもの。後世、建材用に石が持ち出されたため断片的にしか残されていないが、ローマ人の足跡を示す貴重な遺構として評価され、世界遺産に登録された。1987年にハドリアヌスの長城が単独で登録され、2005年(リーメス)、2008年(アントニヌス)に拡大登録、2005年に登録遺産名が現在のものに変更された。◇英名はFrontiers of the Roman Empire
引用元:ローマ帝国の国境線(ローマていこくのこっきょうせん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%A2%83%E7%B7%9A-1497475