『坊っちゃん』数学の教師 堀田「山嵐」数学 教頭「赤シャツ」 古賀「うらなり」英語 吉川「野だいこ」画学 マドンナ「遠山」 校長「狸」

032PhKyNaayfy
夏目漱石の小説『坊っちゃん』で
主人公はどんな教科の教師?
英語
物理
数学(答)
国語

タイピング
夏目漱石の小説『坊っちゃん』に出てくる、愛媛県にある有名な温泉は◯◯温泉?
→どうご
道後温泉


夏目漱石の小説『坊っちゃん』の登場人物で、主人公が毛嫌いする教頭のあだ名は?
→赤シャツ

四択
夏目漱石の小説「坊っちゃん」で坊っちゃんが4杯も食べて生徒に馬鹿にされた食べ物は?
(画像選択肢)
→天ぷらそば

タイピング
夏目漱石の小説『坊っちゃん』に登場する顔色が悪い英語教師古賀のあだ名は◯◯◯◯?
→うらなり

ですが数学教師の堀田のあだ名は◯◯?
→やまあらし 山嵐

ですが画学の教師・吉川のあだ名は◯◯◯◯?
→のだいこ 野だいこ

タイピング
夏目漱石の小説『坊っちゃん』で数学教師・山嵐の苗字は◯◯?
→ほった 堀田

ですが画学の教師・野だいこの苗字は◯◯?
→よしかわ 吉川

ですが英語教師・うらなりの苗字は◯◯?
→こが 古賀

ですがマドンナの苗字は◯◯?
→とおやま 遠山

『坊っちゃん』(ぼっちゃん)は、夏目漱石による日本の中編小説。 1906年(明治39年)、『ホトトギス』第九巻第七号(4月1日発行)の「附録」(別冊ではない)として発表。1907年(明治40年)1月1日発行の『鶉籠(ウズラカゴ)』(春陽堂刊)に収録された。その後は単独で単行本化されているものも多い。
主人公は東京の物理学校(東京理科大学の前身)を卒業したばかりの江戸っ子気質で血気盛んで無鉄砲な新任教師である。
>親譲りの無鉄砲で小供の頃から損ばかりしている坊っちゃんは、父親と死別後、親の残した遺産のうち兄から渡された600円(兄は同時に清への分として50円を渡した)を学費に東京の物理学校[2]に入学。卒業後8日目、母校の校長の誘いに「行きましょうと即席に返事をした」ことから四国の旧制中学校に数学の教師(月給40円)として赴任した。
>坊っちゃんと山嵐は、赤シャツの不祥事を暴くための監視を始め、ついに芸者遊び帰りの赤シャツと その腰巾着の野だいこを取り押さえる。芸者遊びについて詰問するが、しらを切られたため、業を煮やし鉄拳により天誅を加えた。即刻辞職した坊っちゃんは、東京に帰郷。街鉄[3]の技手(月給25円)となった。坊っちゃんの教師生活は、1か月間ほどにすぎなかった。
引用元: 坊つちやん – Wikipedia.