「ノーマン」・ロックウェル

市民生活を軽妙に描いた作品で
現在も高い人気を誇る
20世紀のアメリカの画家は
◯◯◯◯・ロックウェル?
ーノンイト
アクルケマ
ノーマン(答)
58%

ノーマン・ロックウェル(Norman Rockwell、1894年2月3日 – 1978年11月8日)は、アメリカ合衆国の画家、イラストレーター。軽いタッチでアメリカ合衆国の市民生活を描き、アメリカ合衆国で幅広い大衆的人気を持つ。

略歴
祖先はイングランド系。ニューヨークで生まれ、美術学校を出てから、アメリカ・ボーイスカウト協会の雑誌などに絵を書き始める。ボーイスカウト運動に対して多大な貢献を果たしたことに対して、後に、世界で十数人しか与えられていない功労賞であるシルバー・バッファロー章が贈られている。田舎町の庶民の哀歓や暖かな人間関係を描いた画家だが、彼自身が育った家庭はそれとは異なり、大都市の裕福な家庭に生まれ、両親に対して親愛の情を抱くことがなかったという[1]。

彼の絵は1916年から1963年にかけて『サタデー・イーブニング・ポスト』紙の表紙を飾ったが、とりわけ1940年代から1950年代のものが人気がある。彼の絵は商業主義的で一部の近代美術批評家からはまじめな画家とは扱われず、イラストレーターと呼ばれることもあるが、アメリカ合衆国の市民生活の哀歓を巧みに描き、アメリカ人の心を捉えているため、最もアメリカ的な画家のひとりともいえる。
引用元:ノーマン・ロックウェル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB

ロックウェル
Rockwell, Norman
[生]1894.2.3. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]1978.11.8. マサチューセッツ,ストックブリッジ
アメリカ合衆国のイラストレーター。『サタデー・イブニング・ポスト』誌の表紙を描いたことで知られる。美術学校アート・スチューデンツ・リーグで奨学金を獲得し,17歳のときにコンデナストからフリーランスとしての初仕事を依頼され,それ以降さまざまな雑誌向けに挿絵を提供した。1916年に初めて『サタデー・イブニング・ポスト』に表紙絵を売り,その後 47年間にわたって合計 322枚にのぼる雑誌の表紙絵を描いた。1926~76年,公式の『ボーイスカウト・カレンダー』も制作(→ボーイスカウト)。第2次世界大戦中には「四つの自由」を描いた作品がポスターになり,戦時情報局によって印刷,配布された。緻密な描き手であり,細部を写実的に描く能力に秀でていた。平凡な家族や田舎町の情景を題材に,しばしばユーモアを交えて描かれた作品は,庶民からは愛されたものの,ほとんどの批評家からは芸術的価値や真の社会観察に欠けるとして評価されなかった。1977年,大統領自由勲章を受章した。
引用元:ロックウェルとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB-879452