【ベルギー】ワーテルロー

1815年にワーテルローの戦いが
行われたのは現在のどこの国?
ベルギーをタッチ(答)
27%


次のナポレオン戦争の戦いを
時代が古い順に選びなさい
アウステルリッツの戦い
ボロジノの戦い
ライプチヒの戦い
ワーテルローの戦い
19%


フランスのナポレオン3世と
サルディニア王国のカブールが
1858年に結んだ密約は?
ロプエビ約ル密ーン
プロンビエールの密約(答)
引用元:アウステルリッツの戦い、ボロジノの戦い、ライプチヒの戦い、ワーテルローの戦い https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/38556/

ワーテルローの戦い
再起をめざしたナポレオンが1815年にイギリスなどの連合軍に敗れた戦い。

 エルバ島を脱出してパリに帰還したナポレオンが、再起を期して1815年6月、イギリス・プロイセンなどの連合軍と戦った戦争。ワーテルローは現在のベルギーのブリュッセル郊外の村。イギリス軍を率いたのがウェリントン将軍。ナポレオン戦争はこれで終結し、ナポレオンはセントヘレナ島に流され、再起できなかった。また、この戦いを以て英仏の第2次百年戦争も終わりを告げた。
引用元:ワーテルローの戦い https://www.y-history.net/appendix/wh1103_2-058.html

ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、仏: Bataille de Waterloo、英: Battle of Waterloo、蘭: Slag bij Waterloo、独: Schlacht bei Waterloo 場所名の「ワーテルロー」はフランス語の発音に基づく)とは、1815年6月18日、ベルギー(当時ネーデルラント連合王国領)のワーテルロー近郊においてイギリス・オランダをはじめとする連合軍およびプロイセン軍と、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)率いるフランス軍(大陸軍=グランダルメ)との間で行われた一連の戦闘を指す名称である。フランス軍が敗北し、ナポレオン戦争最後の戦闘となった。ウォータールーの戦い(「ワーテルロー」の英語読み)、ラ・ベル=アリアンスの戦い(独: Schlacht bei Belle-Alliance)ともいう。引用元:ワーテルローの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84