【ギョーム事件】ウィリー・ブラント

1971年ノーベル平和賞を受賞する
も、個人秘書が東ドイツのスパイ
だったため西ドイツ首相を辞任
したのはウィリー・◯◯◯◯?
ジンート
ブラメチ
ルルヘル
ブラント(答)
42%

061adyerkgbeyc
次の文字列を組み合わせて
ドイツの歴代首相の
名前にしなさい
ゲアハルト───シュレーダー
コンラート───アデナウアー
ウィリー───ブラント
57%

ブラント Willy Brandt 1913-1992 は、第二次大戦後のドイツ社会民主党(SPD)の政治家で党首。ナチス時代は亡命生活を送った。戦後、西ベルリン市長に選出され、1961年の東ドイツ政府によるベルリンの壁の設置などに直面しながら、市民レベルの東ベルリンとの交流を模索した。
 1969年の総選挙ではキリスト教民主同盟(CDU)は第1党だったが過半数はとれず、第2位の社会民主党と第3位の自由民主党の連立となり、首相にブラント、副首相兼外相に自由民主党のシェールが就任したので、ブラント=シェール内閣ともいう。西ドイツでは戦後で初めて社会民主党の首相となった。首相就任以来、西ベルリン市長時代からの腹心エゴン=バールに立案させ、積極的なソ連=東欧圏との接触を図る東方外交を展開した。

「接近による変化」の成果

 東ドイツとの基本条約締結は、それまて相手を国家として存在しない、従って交渉もしない、という態度を改め、話し合いを始めることによって現状に風穴を開け、解決に道を探ろうという、ブラント首相の「接近による変化」の大きな成果であり、当時は誰も実現不可能であろうと考えていた、東西ドイツ統一を導く出すこととなる。
 また、これらの積極的な東方外交の展開は東西冷戦の変質をもたらし、緊張緩和(デタント)を実現させたと評価され、1971年度のノーベル平和賞を受賞した。ところが1974年に秘書の一人に東独のスパイ容疑が持ち上がり、首相を辞任した。
引用元:ブラント https://www.y-history.net/appendix/wh1701-013.html

ヴィリー・ブラント(Willy Brandt、1913年12月18日 – 1992年10月8日)は、ドイツ連邦共和国(旧西ドイツ)の政治家。第4代連邦首相(1969年-1974年)。ドイツ社会民主党 (SPD) 党首(1964年 – 1987年)。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州リューベック出身。

ノーベル平和賞受賞
政権発足後2年間での東方外交の展開でこれらの功績を挙げたことでり1971年にノーベル平和賞を受賞した。10月20日午後にブラントがノーベル平和賞を受賞したとのニュースが連邦議会に伝わり、議長が質疑を中断して受賞を報告した際に与党側の議員が一斉に立ち上がって拍手喝采したのに比べて野党側の議員は座ったままであった。夕べにブラントのパーティーに姿を見せた野党議員はたった1人であった[61]。

ギヨーム事件

そしてブラントを首相辞任に追いやったのが、個人秘書であったギュンター・ギヨームであった。ギヨームは1956年に東ドイツから西ベルリンに難民として入り、フランクフルトで職を得て、そしてフランクフルトの社会民主党党員となり、党書記となり、党議員団事務局長となった。ゲオルク・レーバー交通相の選挙対策事務局長として高い評価を得て、1970年1月から連邦首相府の職員となり、1972年秋から首相の個人事務所の職員となった[73]。

そしてほぼ1年が過ぎた1974年3月初めにこの関係資料が連邦検察官に渡り[注 22]捜査を続けている中で、4月24日にボンの自宅を捜査官が訪れてギヨームと妻クリステルは逮捕された。この時にギヨームは捜査官に対し「私は東ドイツの国家人民軍将校で、国家保安省の職員でもある。将校としての私の名誉が尊重されることを望む」と語った[注 23]。

ブラントにとっては手痛い打撃であった。しかし当時東ドイツ国家保安省次官でシュタージの対外諜報部門の長を30年以上務めたマルクス・ヴォルフはドイツ再統一後に「ギヨームを西ドイツ首相の間近に置いたことなどは東ドイツ秘密警察の行動計画の結果ではなかった。一国のトップの人物近くに疑念の濃厚な人物など留め置いたことなど決してない」と述べている[75]。
引用元:ヴィリー・ブラント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88