【選挙の神様】安達謙蔵

1914年の総選挙で
立憲同志会を大勝利に導き
「選挙の神様」と称された
政治家は誰?
達明謙桂加
藤郎蔵安太
安達謙蔵(答)
26%

CIMG5768
次のうち、日本の第1議会で
議席を持っていた政党を
全て選びなさい
中央交渉部
立憲改進党(答)
立憲帝政党
立憲自由党(答)
大成会(答)
国民自由党(答)
lcZGJtb
引用元:第1回衆議院議員総選挙 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC1%E5%9B%9E%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%99
引用元:大隈重信が務めた大臣「外務大臣」「農商務大臣」「内閣総理大臣」 第1回衆議院議員総選挙の議席獲得政党「立憲自由党」「大成会」「立憲改進党」「国民自由党」 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/21937/

安達謙蔵 あだち けんぞう
(1864〜1948)
解説
父は熊本藩士。立憲同志会、憲政会、民政党の幹部。済々黌卒。佐々友房の命で渡韓し、明治27年(1894)『朝鮮時報』発刊。28年漢城新報社長、同年閔妃殺害事件に関係して拘引される。29年熊本国権党常務委員。35年から衆議院議員に14回連続当選。大正3年(1914)大隈内閣の外務参政官に就任、4年総選挙で立憲同志会を大勝させて「選挙の神様」と呼ばれる。14年加藤高明内閣の逓相。昭和4年(1929)浜口内閣の内相に就任。6年第2次若槻内閣で留任したが、挙国一致内閣を提唱、閣内の反対論がきっかけとなり若槻内閣は総辞職した。7年国民同盟結成、総裁に就任。15年解党後は内閣参議を務める。
引用元:安達謙蔵 | 近代日本人の肖像 http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/596.html

安達 謙蔵(あだち けんぞう、元治元年10月23日〈1864年11月22日〉 – 1948年〈昭和23年〉8月2日)は、大正時代から昭和時代初期の日本の政党政治家。号は漢城。

選挙の神様
熊本に戻ると佐々友房とともに熊本国権党を結党、1896年(明治29年)に党務理事に就任。1902年(明治35年)の第7回総選挙で初当選して政治の世界に足を踏み入れ、以後14回連続当選する。1914年(大正3年)第2次大隈内閣が実施した第12回総選挙で与党立憲同志会の選挙長を務めて大勝し、徳富蘇峰から「選挙の神様」と評された。
引用元:安達謙蔵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E9%81%94%E8%AC%99%E8%94%B5