おおにしはじめ大西祝

「日本哲学の父」と呼ばれる
岡山県出身の哲学者です
大西祝
おおにしはじめ(答)
21%

156IkBzRRkTcr
次の儀式を
一般的な神前結婚式の
式次第での順番に選びなさい
入場 
修祓の儀 しゅうばつのぎ「浄めのお祓い」
祝詞奏上 のりとそうじょう「祈り」
三三九度の杯「祝杯」
誓詞奏上 せいしそうじょう「誓いのことば」
玉串奉奠 たまぐしほうてん「玉串を捧げ二拝二拍手一礼」
親族杯の儀
引用元:「神前結婚式の式次第」「入場」「修祓(しゅうばつ)の儀」「祝詞(のりと)奏上」「三三九度の杯」「誓詞(けいし)奏上」「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」「親族杯の儀」 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/10565/

003PDXsqSR
関西文化学術研究都市が位置する
京都府精華町の一地区です
祝園
ほうその(答)
引用元:「祝園」ほうその 関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)の一地区 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/19531/

146TTRYrG
「パジェロの町」と呼ばれる
岐阜県加茂郡の町
坂祝
さかほぎ(答)
「坂祝町」さかほぎちょう
引用元:「坂祝町」さかほぎちょう 岐阜県加茂郡の町 「パジェロ製造株式会社」 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/16367/

大西 祝(おおにし はじめ、元治元年9月7日(1864年10月7日) – 明治33年(1900年)11月2日)は、日本の哲学者。操山と号す[1](郷里岡山の操山(みさおやま)にちなむ)。「日本哲学の父」「日本のカント」との評価も受ける。

東京専門学校(現・早稲田大学)での彼の活躍は目覚ましく坪内逍遥と共に早稲田文科の礎を築き、東京専門学校で彼が育てた弟子(金子筑水、中桐確太郎、島村抱月、綱島梁川)たちは後年早稲田大学文学部に欠くことのできないスタッフとなった。また、彼の弟子の一人、朝河貫一が1895年(明治28年)、ダートマス大学へ留学するときには、渡航費用を援助した。1898年(明治31年)2月、哲学研究のためドイツ、イェーナおよびライプチヒに留学(それに伴い東京専門学校を退職)するも、健康を害して翌年9月、帰国。京都帝国大学文科大学設立準備に取り掛かるため(京都帝国大学文科大学初代学長に内定していた)入洛したが、病状は悪化し36歳で急死した。未完に終わったものの彼の研究は後世にも大きな影響を与え、西田幾多郎の『善の研究』は大西の『倫理学』と綱島の『病間録』の課題を引き継いだものだとされている。明治33年3月、京都に移り、7月、文学博士号、10月、郷里の岡山に移り、同地で没した。
引用元:大西祝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E7%A5%9D

大西祝
おおにしはじめ

[生]元治1(1864).8.7. 岡山
[没]1900.11.2. 岡山
哲学者。操山と号する。岡山藩士の子。 15歳のとき叔父の姓大西を継いだ。 1889年帝国大学哲学科卒業。 91~98年東京専門学校,東京高等師範学校において哲学,心理学,論理学,倫理学,美学などを講じ,この間『六合雑誌』の編集にたずさわり,96年横井時雄,姉崎正治らとともに丁酉倫理会を組織した。 98年ドイツ留学,病を得て翌年帰国,36歳で没した。大西により,当時の哲学界は主流であった進化論,功利主義思想にさらにドイツ哲学が加味され,理論的基礎づけに重点がおかれるようになった。彼の果した啓蒙的,紹介的役割は大きい。主著に『良心起源論』 (1904) ,『論理学』『西洋哲学史』『倫理学』など。ほかに論理学,心理学,倫理学,美学に関する論文があり,『大西博士全集』 (7巻) に収められている。
引用元:大西祝(おおにしはじめ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E7%A5%9D-39454


[意味]
はふり。神官やみこなど、神に仕えてのりとをあげる人。もと神にめでたいことばを告げる意。転じて、おめでたいとことほぐこと。 短く切る。 のりと。神に申しあげることば。長く声を引いてのべるのりと。転じてめでたいと、ことほぐことば。 のりとをあげる。祈りのことばをのべる。

部首
示(しめす) 礻(しめすへん) < 同じ部首を検索 画数 9 (その他の9画の漢字) 音読み シュク シュウ < 同じ読みを検索 訓読み いわい いわう < 同じ読みを検索 他の読み い いわい とき のり はじめ ほう よし < 同じ読みを検索 引用元:祝(シュク,シュウ,いわい,いわう,い,いわい,とき,のり,はじめ,ほう,よし)の意味や読み,祝を含む名前 (男の子/女の子件) | みんなの名前辞典,よく当たる名前占い,姓名判断(無料) https://mnamae.jp/c/795d.html