オストラキスモス

古代アテネで僭主の出現を
防止するために行われました
オストラキスモス(答)
47%

陶片追放(とうへんついほう、ギリシア語: ὀστρακισμός、オストラキスモス)は、古代アテナイで、僭主の出現を防ぐために、市民が僭主になる恐れのある人物を投票により国外追放にした制度。英語のオストラシズム(Ostracism)という名称でも知られる。広義には集落や集団からの追放を指し、日本の村八分と近いものと解釈される[1][2]。
引用元:陶片追放 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E7%89%87%E8%BF%BD%E6%94%BE

僭主(せんしゅ、古代ギリシア語: τυραννος (tyrannos); 英語: tyrant)とは、本来の皇統、王統の血筋によらず、実力により君主の座を簒奪し、身分を超えて君主となる者。僭帝、僭王とも。僭主による政治を僭主政治という。

僭主とは
僭主と称される君主、及び君主となろうとした者は古今東西を問わず存在するが、多くの国々では反乱や謀叛による帝位・王位の簒奪、易姓革命などの非合法[1]により新たな王朝を樹立し君主となる例は数多あり、何をもって僭主と称するかは必ずしも明確には判断しづらいものである。一般には、君主号を称するものの王朝の確立に失敗した者、その国の歴史や法に基づく正当な手続きを経なかった者、一貫した王統の下で続いた君主の座を一時的に簒奪し、元の王統に奪還された者など、それぞれの国の価値で僭主か否か判断されることが多い。
引用元:僭主 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%AD%E4%B8%BB