ジオット、ボス、カラバッジョ

次の芸術家を
生まれたのが古い順に
選びなさい
ジオット 1266
ヒエロニムス・ボス 1450
レオナルド・ダ・ヴィンチ 1452
カラバッジョ 1571
ギュスターヴ・クールベ 1819
パブロ・ピカソ 1881
ジャスパー・ジョーンズ 1930
40%

ジョット【Giotto di Bondone】

1267ころ‐1337
イタリアの画家,建築家。三次元的空間に,量感をそなえ,精神的性格づけをほどこされた人物像を配して現実感のある画面を構成し,西洋近代美術の創始者とみなされる。フィレンツェ近郊のコレ・ディ・ベスピニャーノColle di Vespignanoに生まれ,最初チマブエの工房で修業をし,次いでローマに行き,カバリーニや古代の美術,またアルノルフォ・ディ・カンビオの彫刻に触れ,研鑽を積む。最初期の作品として,フィレンツェ洗礼堂のモザイクのための下絵をあげる史家もいるが,一般的には1290年前後の作になるアッシジのサン・フランチェスコ教会上堂に描いた新・旧約聖書に主題をとる数場面とされる。
引用元:ジョットとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-80508

ヒエロニムス・ボス(Hieronymus Bosch [ɦijeːˈroːnimɵz ˈbɔs] ( 音声ファイル)、1450年頃 – 1516年8月9日)は、ルネサンス期のネーデルラント(フランドル)の画家。初期フランドル派に分類される。本名はイェルーン・ファン・アーケン(Jeroen van Aken)。オランダ語でイェロニムス・ボス(Jheronimus Bosch [jeːˈroːnimɵz ˈbɔs])、ドイツ語でヒエローニュムス・ボシュと発音するが、日本ではヒエロニムス・ボッシュと表記されることもある。
引用元:ヒエロニムス・ボス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%B9

レオナルド・ダ・ヴィンチ ((伊: Leonardo da Vinci、イタリア語発音: [leoˈnardo da ˈvintʃi] it-Leonardo di ser Piero da Vinci.ogg 発音[ヘルプ/ファイル])1452年4月15日 – 1519年5月2日(ユリウス暦))は、イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。フルネームはレオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ (Leonardo di ser Piero da Vinci) で、音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学など様々な分野に顕著な業績と手稿を残した。容貌にも優れ美男子であったという。
引用元:レオナルド・ダ・ヴィンチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81

カラバッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)

[1573~1610]イタリアの画家。徹底した自然主義と劇的な明暗効果を特色とし、バロック絵画全般に大きな影響を与えた。作「聖マタイ伝」など。
引用元:カラバッジョとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%A7-467589

クールベ
Courbet, Gustave
[生]1819.6.10. オルナン
[没]1877.12.31. ラ・トゥール・デュ・ペルス
フランス写実主義 (レアリスム) の代表的な画家。オルナンの富裕な地主の家に生まれ,1840年パリに出て画家を志し,ルーブル美術館および旅行先のオランダで古典を学ぶ。 1844年サロンに初出品。 1849~51年頃から写実主義的作風を求め,『石割り人夫』 (1849,戦災で焼失) ,『オルナンの埋葬』 (1849~50,オルセー美術館) を制作。 1855年のパリの万国博覧会に大作『画家のアトリエ』 (同) の展示を拒否されると,会場のすぐ近くの小屋で入場料1フランを取って 40点の作品で個展を開催,「ル・レアリスト」を宣言し,画期的な事件として話題を呼んだ。 1858~59年ドイツ滞在,1860年代にはしばしば英仏海峡の風景を描く。パリ・コミューンの際,バンドーム広場の記念柱倒壊に関連して投獄され,1873年スイスに亡命し同地で客死。彼の作風はドイツ,ロシアなど当時のヨーロッパにきわめて大きな影響を与えた。
引用元:クールベとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%99-57339

パブロ・ピカソ[3](Pablo Picasso [ˈpaβlo piˈkaso], 1881年10月25日 – 1973年4月8日)は、スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。

ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている。
引用元:パブロ・ピカソ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%AB%E3%82%BD

ジャスパー ジョーンズ
Jasper Jones

1930.5.15 –
米国の画家。
サウス・カロライナ州アレンデール生まれ。
1952年ニューヨークに出て、アメリカ国旗、アルファベット、数字などの記号を抽象表現主義風に描いた。’58年に開かれた最初の個展ではネオ・ダダと評され、日常的な世界に注目したという点でラウンシェーンバーグとともにポップ・アートへの先駆となった。また、’60年代以降の作品には脚などの鋳型やビール缶などのオブジェが登場し、主な作品は「旗」(’55年)、「塗られたブロンズ」(’60年)などがある。
引用元:ジャスパー ジョーンズとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%20%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA-1624114