奈良仏教「法相宗」「華厳宗」「律宗」 平安仏教「真言宗」「天台宗」

025khPXuXyGIJ
次のうち、平安時代の日本で
開かれた仏教の宗派を
全て選びなさい
真言宗◯
曹洞宗 道元 鎌倉時代
日蓮宗 日蓮 鎌倉時代
天台宗◯

次のうち、奈良時代に日本に
伝わった仏教の宗派を
全て選びなさい
法相宗◯
華厳宗◯
律宗◯
法華宗 日蓮 鎌倉時代
時宗 一遍 鎌倉時代
黄檗宗 隠元隆琦 江戸時代

平安仏教(へいあんぶっきょう)とは、平安時代より興隆した日本仏教の宗派である。具体的には真言宗、天台宗の二宗をさすことが多い。場合によっては融通念仏宗も含める。
>桓武天皇・嵯峨天皇は奈良仏教に対抗しうる新しい仏教として、最澄が唐から持ち帰った天台宗や空海が持ち帰った真言宗を保護した。
引用元: 平安仏教 – Wikipedia.

南都六宗(なんとろくしゅう/- りくしゅう)とは、奈良時代、平城京を中心に栄えた仏教の6つの宗派の総称。奈良仏教とも言う。
法相宗(ほっそうしゅう、唯識)
倶舎宗(くしゃしゅう、説一切有部)- 法相宗の付宗(寓宗)
三論宗(さんろんしゅう、中論・十二門論・百論) – 華厳宗や真言宗に影響を与えた
成実宗(じょうじつしゅう、成実論) – 三論宗の付宗(寓宗)
華厳宗(けごんしゅう、華厳経)
律宗(りっしゅう、四分律) – 真言律宗等が生まれた
引用元: 南都六宗 – Wikipedia.