パフレヴィー朝

1979年のイラン革命で崩壊した
イラン最後の王朝は
パフレヴィー朝である
◯(答)
×カージャール朝
66%

パフラヴィー朝(パフラヴィーちょう、ペルシア語: دودمان پهلوی‎, ラテン文字転写: dudmân Pahlavi)は1925年から1979年までイランを統治した、イラン最後の王朝である。パフレヴィー朝、パーレビ朝、パーラヴィ朝とも呼ばれる。

歴史
カージャール朝ペルシア帝国がイギリスとソビエト・ロシアによる干渉に苦しむ中、ペルシア・コサック旅団(英語版)の軍人レザー・ハーンは1921年にクーデターを起こした後、1925年にレザー・シャーとして皇帝に即位し、カージャール朝に代わってパフラヴィー朝が成立した。

初代皇帝レザー・シャーは軍事力を背景に中央集権化を進め、近代国家形成を目指して法制などを西欧化する改革を行い、1928年には不平等条約の撤廃に成功した。

1979年にルーホッラー・ホメイニーを指導者としてイラン革命が勃発すると、モハンマド・レザー・シャーはエジプトに亡命してパフラヴィー朝は崩壊し、イラン・イスラム共和国が成立した。

現在はモハンマド・レザー・シャーの長男であるクロシュ・レザー・パフラヴィー(英語版)(英: Cyrus Reza Pahlavi)元皇太子がイランにおける人権問題等を批判し、イランの世俗化と民主化を主張して政治活動を行っている。
引用元:パフラヴィー朝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E6%9C%9D