『書経』昭和、『史記』平成

「昭和」という元号の
出典となった書物は?
『書経』(答)
『詩経』
『礼記』
『易経』
41%

 明治の由来にはいる前に元号についてご説明いたします。そもそも元号は、漢の武帝の時代の中国に生まれて、朝鮮、日本などへ渡ってきた年の数えかたです。日本で最初に用いたのは大化の改新で有名な「大化(たいか)」(六四五年)の元号ですが、中国や朝鮮ではすでになくなってしまい、日本だけがこの伝統を守っています。
Answer 「明治」の出典は『易経』の中に「聖人南面して天下を聴き、明に嚮(むか)いて治む」という言葉の「明」と「治」をとって名付けられました。明治改元にあたっては、学者の松平春嶽(慶永)がいくつかの元号から選び、それを慶応四年(明治元年)九月七日の夜、宮中賢所(かしどころ)において、その選ばれた元号の候補の中から、明治天皇御自ら、くじを引いて御選出されました。

参考に「大正」「昭和」「平成」の出典由来についても書いておきます。
「大正」の出典 『易経』 「大亨は以って正天の道なり」 天が民の言葉を嘉納し、政(まつりごと)が正しく行われる。
「昭和」の出典 『書経』 「百姓昭明、協和万邦」 国民の平和と世界の共存繁栄を願ったもの。
「平成」の出典 『史記』 「内平かに外成る」 内外、天地とも平和が達成されるとの意味。
引用元:明治神宮-Q&A- http://www.meijijingu.or.jp/qa/gosai/07.html