【伊藤仁斎】童子問【荻生徂徠】弁道【石田梅岩】都鄙問答

次の江戸時代の思想家と
その著書の
正しい組み合わせを選びなさい
伊藤仁斎───童子問
荻生徂徠───弁道
石田梅岩───都鄙問答
32%

童子問
どうじもん
元禄(げんろく)時代(1688~1704)の京都に古義堂(こぎどう)塾を開いて古義学を唱えた儒学者伊藤仁斎(じんさい)晩年の著書である。『語孟字義(ごもうじぎ)』『論語古義』『孟子(もうし)古義』『大学定本』『中庸発揮(ちゅうようはっき)』のような仁斎の経書研究の成果と異なり、儒学やその研究法ないしは道徳や政治について思うところを紙片に1条ずつ記し蓄え、のちにテーマ別に整理したもので、すでに1691年(元禄4)に宋(そう)の欧陽修(おうようしゅう)の易の『童子問』などに倣って、『童子問』と題した自筆稿本を残している。その後、仁斎は終生、増改訂し続けたが、その間、1699年には江州(ごうしゅう)水口(みなくち)の鳥井侯の城中で、また喜寿を迎えた1703、04年には古義堂でこの書を講じている。仁斎没後、1707年(宝永4)に長男の東涯(とうがい)は189条を3巻3冊に分けて板行し、また『童子問標釈』を著した(『童子問』の稿本は現在、天理図書館や但馬(たじま)鎌田家に襲蔵されている)。
 壮年時代の著『語孟字義』を完成期の仁斎学の出発点とすれば、この書はその到達点を示すものであり、「この二著で仁斎一生の学問がわかる」と、『文会雑記(ぶんかいざっき)』に記されている。[石田一良]
引用元:童子問(ドウジモン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%AB%A5%E5%AD%90%E5%95%8F-580451

べんどう【弁道】

荻生徂徠の著書。1717年(享保2)7月成稿。同年彼を訪問した藪震庵,竹田春庵ら宋学者との論戦が執筆の直接原因となった。全部で25条から成り,簡潔な徂徠学概説書といえる。宋学,仁斎学の四書・論孟中心主義を〈義理孤行〉と批判し,みずからは〈物〉=六経と,〈名〉=《論語》《礼記》の統一的把握による古道復元を提唱した。先王による道の作為説,礼楽制作の一点に絞った聖人の定義づけなど,破天荒な主張を展開。安民仁政を道の本意とし,詩書礼楽をその手段の体系としてつかむ。
引用元:弁道(べんどう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%BC%81%E9%81%93-131341

都鄙問答
とひもんどう

江戸中期の心学(しんがく)者石田梅岩(ばいがん)の主著。4巻16段の問答体よりなり、石門(せきもん)心学の原理論を説いた書。1739年(元文4)刊。第1巻は「都鄙問答ノ段」以下5段、梅岩の思想体験と学問観を中心に、「孝」の道をはじめ四民の道を論じ、総論とする。第2巻は「鬼神ヲ遠(とおざく)ト云事(いうこと)ヲ問(とう)ノ段」以下4段、神儒仏諸思想の一致を説く。なかでも「或(ある)学者商人ノ学問ヲ譏(そしる)ノ段」は、商人の道が士農工の道と同等で普遍的人間の道として、時代の通念であった賤商(せんしょう)論に反論した注目すべき段である。第3巻は全巻「性理問答ノ段」にあてられ、梅岩独自の心学哲学が展開されている。第4巻は「学者行状心得難(こころえがた)キヲ問ノ段」以下6段、学者、僧侶(そうりょ)、医者、商人のあり方や信仰の問題など、多方面にわたる具体例について梅岩の主張を明らかにする。同書は全巻を通じて梅岩の誠実な人格と思索がうかがわれ、近世中期の庶民が自覚した哲学を示す代表的著作として注目すべきである。[今井 淳]
引用元:都鄙問答(とひもんどう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%83%BD%E9%84%99%E5%95%8F%E7%AD%94-105658