『アレ夕立に』

顔を扇で隠した舞妓を描いた
日本画家竹内栖鳳の代表作は
『◯◯夕立に』?
◯を答えなさい
アレ(答)
32%

竹内 栖鳳(たけうち せいほう、1864年12月20日(元治元年11月22日) – 1942年(昭和17年)8月23日)は、戦前の日本画家。近代日本画の先駆者で、画歴は半世紀に及び、戦前の京都画壇を代表する大家である。帝室技芸員。第1回文化勲章受章者。

本名は恒吉。最初は棲鳳と号した。霞中庵の号もある[1]。動物を描けば、その匂いまで描くといわれた達人であった。
引用元:竹内栖鳳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%86%85%E6%A0%96%E9%B3%B3

竹内栖鳳 たけうち-せいほう
1864-1942 明治-昭和時代前期の日本画家。
元治(げんじ)元年11月22日生まれ。幸野楳嶺(ばいれい)に師事し,明治33年渡欧。円山四条派の手法を基に西洋画法をとりいれて独自の画風を確立する。京都画壇の中心となり,西山翠嶂(すいしょう),土田麦僊(ばくせん)らをそだてた。昭和12年文化勲章。昭和17年8月23日死去。79歳。京都出身。本名は恒吉。作品に「アレ夕立に」「斑猫(はんびょう)」など。
引用元:竹内栖鳳(たけうち せいほう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%AB%B9%E5%86%85%E6%A0%96%E9%B3%B3-18653