『検察官』フレスターコフ

次のロシア文学の主人公を
その作品の作者ごとに
グループ分けしなさい
【チェーホフ】ラネーフスカヤ婦人
【レールモントフ】ペチョーリン
【ゴーゴリ】フレスターコフ
42%

『桜の園』(さくらのその、ロシア語: Вишнёвый сад)とはロシアの劇作家アントン・チェーホフによる最晩年の戯曲。チェーホフ42歳の1902年の夏に着想され、1903年の秋に書き上げられた。初演は1904年1月17日、モスクワ芸術座によって上演された。

最後の劇作品で、『かもめ』、『ワーニャ伯父さん』、『三人姉妹』とともに「チェーホフ四大戯曲」と呼ばれる。

主な登場人物
ラネーフスカヤ:女地主、愛称リューバ
アーニャ:その娘
ワーリャ:その養女
ガーエフ:その兄、愛称リョーニャ
ロパーヒン:商人
トロフィーモフ:大学生、愛称ペーチャ
ビーチク:近郊の地主
シャルロッタ:アーニャの家庭教師
エピホードフ:事務員(屋敷の執事)
ドゥニャーシャ:小間使い
フィールス:老僕、87歳
ヤーシャ:ラネーフスカヤの若い召使い
引用元:桜の園 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E3%81%AE%E5%9C%92

現代の英雄
げんだいのえいゆう
Geroi nashego vremeni

ロシアの作家 M.レールモントフの小説。 1839~40年発表。『ベーラ』『マクシム・マクシムイッチ』『タマーニ』『公爵令嬢メリー』『運命論者』の5編から成る。作者の旅行記の形で始り,コーカサスを旅行中に出会ったマクシム・マクシムイッチから聞いた話として1編と2編が展開され,主人公ペチョーリンとベーラの恋,およびベーラの死が語られ,あとの3編がペチョーリンの手記の形で,黒海沿岸の町タマーニでの事件,令嬢メリーをめぐる主人公とグルシニツキーとの決闘などが語られる。なにものにも情熱を傾けられない「余計者」を主人公にして巧みに構成され,A.プーシキンの『エブゲーニー・オネーギン』と並ぶロシア文学の古典として高い地位を占めている。
引用元:現代の英雄(げんだいのえいゆう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%81%AE%E8%8B%B1%E9%9B%84-60834

フレスターコフは飢えに追われ,とある田舎宿にころがり込んだ.ところがなぜか市長らお歴々がお出迎え.どうやら検察官と間違えられたらしい.そこで彼は官吏たちの弱味につけこみ金を巻上げ,市長の妻や娘をたらしこんだうえ,一片の嘲りの手紙を残して去る.一同地団駄踏んでいるところへ今度は本物の検察官の到来が告げられる.
引用元:検察官 – 岩波書店 https://www.iwanami.co.jp/book/b248158.html