扇谷(おうぎがやつ)上杉家 南関東に栄えた上杉家の諸家

052dOtIksscFR
戦国時代には南関東に勢力を
伸ばした、「◯◯上杉家」?
扇谷
おうぎがやつ
「扇谷上杉家」

扇谷上杉家(おうぎがやつうえすぎけ)は、室町時代に関東地方に割拠した上杉氏の諸家のひとつ。戦国時代には武蔵国を拠点とする大名となり、南関東に勢力を扶植した。
>扇谷上杉氏は室町幕府を開いた足利尊氏の母方の叔父にあたる上杉重顕を祖とする家で、南北朝期の貞治年間に重顕の養孫にあたる上杉顕定が関東に下向し、重顕の兄弟上杉憲房の諸子から出た諸上杉家と同じく鎌倉公方(関東公方)に仕えて鎌倉の扇谷(現在の鎌倉市扇ガ谷)に居住したことから扇谷家の家名が起こった。
引用元: 扇谷上杉家 – Wikipedia.

扇ヶ谷(おうぎがやつ)は、神奈川県鎌倉市鎌倉地域にある大字。扇が谷・扇谷とも書く。現行行政地名は扇ガ谷一丁目から扇ガ谷四丁目。 かつては相模国(廃藩置県後は神奈川県)鎌倉郡に所属し、扇ヶ谷村と呼ばれていたが、明治22年(1889年)に鎌倉郡7番組9ヶ村が合併するに伴って東鎌倉村の大字となった。その後、周辺市町村との合併統合を経て鎌倉市の大字となり今に至る。
>地名の由来は、鎌倉十井の一つ「扇の井」(現在の扇ガ谷3丁目)に因んだもので、扇ヶ谷は関東管領上杉定正の旧邸で英勝寺の地で、亀ヶ谷(かめがやつ)の地内の一地名とある(新編相模国風土記、新編鎌倉志)。もともとこの地は亀谷と呼ばれ、鎌倉幕府の記録書である『吾妻鏡』には亀谷(亀ヶ谷)の地名のみ登場(初見は治承4年(1180年)10月7日)し扇ヶ谷は出てこない。
引用元: 扇ヶ谷 – Wikipedia.