田安宗武、清水重好、一橋宗尹


江戸時代に徳川御三卿
田安家初代当主を務めた人物は
徳川宗武ですが

清水家初代当主を務めた人物は
徳川◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
しげよし(答)
18%
徳川重好

005BiFLlpnKQd
徳川家重の次男
最後まで子どもができず
兄は第10代将軍・徳川家治
御三卿・清水家初代当主
徳川重好(答)
徳川頼房
徳川義直
徳川宗伊
引用元:徳川重好 御三卿「清水家」初代当主 清水重好 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/649/

御三卿(ごさんきょう)は、江戸時代中期に徳川氏の一族から分立した大名家である。以下の三家を指す。

田安徳川家(田安家) – 始祖は徳川宗武(第8代将軍徳川吉宗の次男)
一橋徳川家(一橋家) – 始祖は徳川宗尹(第8代将軍徳川吉宗の四男)
清水徳川家(清水家) – 始祖は徳川重好(第9代将軍徳川家重の次男)
徳川将軍家に後嗣がない際に将軍の後継者を提供する役割を担った。また、徳川御三家へ後継者を供給することにもなった。
引用元:御三卿 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E4%B8%89%E5%8D%BF

徳川 宗武(とくがわ むねたけ)は、江戸幕府第8代将軍・吉宗の次男。官位は従三位権中納言。松平定信の実父に当たる。江戸時代の御三卿・田安家の初代当主であり、田安 宗武とも呼ばれる。

生涯
徳川吉宗が紀州藩主時代の時に生まれた次男で、兄に第9代将軍の家重がいる。幼少より聡明で、荷田在満や賀茂真淵に国学・歌学・万葉を学ぶ[1]。

兄・家重に代わり宗武を将軍後継者に推す者もあり[2]、父・吉宗も一時は後継者にと考えたが、第3代将軍家光・駿河大納言忠長以来の長幼の序を重視し、家重を後継者とした。また、家重の嫡男・家治が聡明であったので、家治の将来に期待して家重を後継者にしたとも言われている。

将軍後継者問題はその後も尾を曳き、家重が将軍となった後、3年間登城停止処分を受ける。弟の宗尹も同罪とみなされ不興を被った。次期将軍に宗武を推した老中・松平乗邑も突如罷免された。その後、第7代将軍家継の生母・月光院の斡旋により登城を赦され、表向きは和解したものの、以後、宗武は生涯にわたり家重と対面することはなかった。
引用元:徳川宗武 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%97%E6%AD%A6

徳川 宗尹(とくがわ むねただ)は、江戸時代の一橋徳川家(御三卿の一つ)の初代当主。一橋宗尹とも名乗った。

概要
江戸幕府8代将軍徳川吉宗の四男。母は側室深心院。11代将軍家斉は孫、12代将軍家慶は曾孫、13代将軍家定、14代将軍家茂は玄孫にあたる。

享保20年(1735年)、3万俵を賜り別家して一橋徳川家を創設した。順次加増され、延享3年(1746年)には10万石となった。明和元年(1764年)、44歳で死去した。跡を四男の治済が継いだ。

多趣味であり武芸を好み、中でも鷹狩りは割り当てられた回数では不足したため、兄の徳川宗武より割り当て枠を譲ってもらうほどであった。福岡藩黒田家の菩提寺、渋谷村広尾の祥雲寺に鷹狩りの際、立ち寄った記録が多数残る。

陶芸や染色もたしなみ、染手拭いを家臣に与えたり、手作りの菓子を父の吉宗や兄の家重に献上した。
引用元:徳川宗尹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%97%E5%B0%B9

徳川 重好(とくがわ しげよし)は、徳川御三卿の一つ、清水徳川家の初代当主。清水 重好とも。

重好死後の清水家
重好には嗣子がなかったため、領地・家屋敷は一時的に幕府に収公されている。収公は第8代将軍徳川吉宗の意向に背くものであったため、同年7月、一橋徳川家当主の治済は老中松平信明らに強く抗議している。治済は七男の亀之助(後の松平義居)による相続を考えていたようである。その後の清水家は、第11代将軍徳川家斉が五男の敦之助を当主に立てて寛政10年(1798年)に再興されている。
引用元:徳川重好 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E9%87%8D%E5%A5%BD