【満濃池】香川県


空海によって修築された
日本最大のため池「満濃池」
がある県は?
香川県をタッチ(答)
60%

満濃池(まんのういけ)は、香川県仲多度郡まんのう町にある日本最大の灌漑用のため池である。

空海が改修したことでも知られ、周囲約20km、貯水量1,540万tである。また満濃太郎とも呼ばれる。

歴史
701年-704年頃(大宝年間) 讃岐国の国守 道守朝臣が創築[1]。
818年(弘仁9年) 洪水による堤防決壊[2]。
821年(弘仁12年) 朝廷の築池使 路真人浜継が派遣され復旧に着手するも工事は難航[3]。
821年(弘仁12年) 空海が築池別当として派遣され[4]、約3ヵ月後改修完了[5]。その後も決壊、復旧を繰り返す。
引用元:満濃池 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E6%BF%83%E6%B1%A0

満濃池
まんのういけ

香川県南部,まんのう町にある日本最大のため池。周囲 19.7km,面積 1.4km2,最深 31m,有効貯水量 1540万m3,灌漑面積 3680ha。大宝年間 (701~704) に干魃を防ぐため,洪積層の浸食谷をせき止めてつくった池で,弘仁 12 (821) 年空海が修築したと伝えられる。その後多くの変遷を経て,1959年大改修を終えた。
引用元:満濃池(まんのういけ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%BA%80%E6%BF%83%E6%B1%A0-138122