ニキータ・フルシチョフ


ファーストネームはニキータ
冷戦の「雪どけ」に尽力
1953年ソ連の最高指導者に
スターリン批判
チェルネンコ
フルシチョフ(答)
プレジネフ
マレンコフ
69%

cimg0648wqsgjtncmaov
核兵器保持に反対の立場
スターリンの元秘書
1953年ソ連の最高指導者に
フルシチョフ追放を画策し失脚
アンドロポフ
マレンコフ(答)
ブレジネフ
チェルネンコ


1964年ソ連の最高指導者に
ファーストネームはレオニード
デタント
アフガン紛争に介入
ブレジネフ(答)

265duzqftpvshs
次の政治家を
旧ソ連の共産党書記長を
務めた順に選びなさい
ブレジネフ
アンドロポフ
チェルネンコ
ゴルバチョフ

cimg2358srnyxjxlvarz
ソ連のブレジネフ時代に最高会議
幹部会議長を務めた政治家
ポドゴルヌイ(答)
引用元:「プレジネフ」「アンドロポフ」「チェルネンコ」「ゴルバチョフ」 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/30975/


1956年に労働者や学生による
反乱が起きたポーランド西部の
都市は?
ニクワグナ
フラポルズ
ポズナニ(答)
引用元:ポズナニ https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/43023/

ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョフ(ロシア語: Ники́та Серге́евич Хрущёв(ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョーフ)、ラテン文字表記の例:Nikita Sergeyevich Khrushchev、ウクライナ語: Мики́та Сергі́йович Хрущо́в(ムィクィータ・セルヒーヨヴィチ・フルシチョーウ)、1894年4月17日 – 1971年9月11日)は、ソビエト連邦の政治家、同国の第4代最高指導者。ソビエト連邦共産党中央委員会第一書記と閣僚会議議長(首相)を兼務した。民族的にはウクライナ人[1]。

ヨシフ・スターリンの死後、ソ連の最高指導者となり、スターリン批判によってその独裁と恐怖政治を世界に暴露し、非スターリン化に基づいて個人崇拝を否定し、集団指導を掲げた。対外的には、アメリカ合衆国を中心とする西側陣営と平和共存を図り、核実験を抑制しようとした。一方で中華人民共和国およびアルバニアと激しく対立し、またハンガリー動乱に際し軍事介入を行うなど社会主義国同士の紛争が目立った。
引用元:ニキータ・フルシチョフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%95

第二次大戦後のソ連の指導者。1956年スターリン批判を断行するも63年に失脚。

フルシチョフ
Nikita Sergeevich Khrushchov 1894-1971
 スターリンの死去後にソ連を指導した共産党の政治家。彼は古くからの党活動歴を持つ党人派で、スターリン晩年の取り巻きの一人であったが、1953年から共産党第一書記として集団指導体制に加わった。

スターリン批判
 1956年のソ連共産党第20回大会で、平和共存への転換を表明、スターリン批判を行った。それを機に起こったハンガリー事件などの東欧の反ソ運動に対してはソ連軍を派遣して抑えつけた。戦後のソ連をスターリン時代から転換させた重要な指導者の一人である。

政権獲得と平和共存
 1957年にはモロトフやマレンコフを排除し、さらに人工衛星スプートニクの打ち上げに成功するなどを背景に力をつけ、58年にはブルガーニン首相を解任して自ら兼任した。
 核開発や宇宙開発でアメリカと対等な力を付けたという自信を背景に、フルシチョフはソ連内部の対米強硬派を抑え、アメリカとの平和共存路線を模索し、1959年にはソ連首相として始めて渡米し、アイゼンハウアーと会談した。

キューバ危機
 アメリカでは大統領が1961年からケネディに交代、当時深刻さを増していたベルリン問題の解決に向けて、ウィーンで米ソ首脳会談が行われた。ソ連はドイツからのアメリカ軍の撤退を要求、アメリカが拒否したため話し合いは決裂し、それを受けて東ドイツ政府はベルリンの壁の構築に踏み切った。さらにキューバ革命(1959)を成功させたカストロが反米姿勢を強めると、キューバにミサイル基地を設置し、軍事的優位に立とうとした。1962年、アメリカがキューバへのソ連のミサイル配備を非難、キューバを封鎖したためのキューバ危機となり、核戦争の勃発の危機が高まった。フルシチョフは妥協してキューバからミサイル基地を撤去し、翌63年には部分的核実験停止条約締結に合意し、アメリカとは「敵対的平和」の状態に入った。
引用元:フルシチョフ https://www.y-history.net/appendix/wh1602-037.html

ウラジーミル・イリイチ・レーニン(ロシア語: Влади́мир Ильи́ч Ле́нин、1870年4月22日 – 1924年1月21日)は、ロシアの革命家、政治家。ロシア社会民主労働党(ボリシェヴィキ、のちに共産党と改名)の指導者として活動し、十月革命を成功させ、革命政府において人民委員会議議長を務めた。また、第二インターナショナルに代わる共産主義政党の国際組織としてコミンテルンの創設を主導した。政治、経済の分析から哲学に至るまでさまざまな著作を残し、その思想はレーニン主義として継承された。

本名はウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフ(Влади́мир Ильи́ч Улья́нов)であり、レーニンは筆名。多くの著作でエヌ・レーニン(Н. Ленин)と署名していた。本人が「ウラジーミル・イリイチ・レーニン」と名乗った例はない。
引用元:ウラジーミル・レーニン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(ロシア語: Ио́сиф Виссарио́нович Ста́лин, 1878年12月18日[1] – 1953年3月5日)は、ソビエト連邦の政治家、軍人(職業軍人ではない)。同国の第2代最高指導者。一般に広く知られている「スターリン」という姓は「鋼鉄の人」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリ(ロシア語: Джугашви́ли、グルジア語: ჯუღაშვილი)である。
引用元:ヨシフ・スターリン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3

ゲオルギー・マクシミリアーノヴィチ・マレンコフ(ロシア語: Георгий Максимилианович Маленков、ラテン文字表記:Georgy Maximilianovich Malenkov、1902年1月13日(ユリウス暦1月8日) – 1988年1月14日)は、ソビエト社会主義共和国連邦の政治家。第2代閣僚会議議長(首相)。ヨシフ・スターリンの重要な側近であり、スターリンの死後、短期間ながらソビエト連邦の最高指導者を務めた。ソ連共産党筆頭書記、ソ連首相をつとめた。
引用元:ゲオルギー・マレンコフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%95

レオニード・イリイチ・ブレジネフ(ロシア語: Леонид Ильич Брежнев、ラテン文字表記の例:Leonid Il’ich Brezhnev、1907年1月1日 – 1982年11月10日)は、ソビエト連邦の政治家。同国の第5代最高指導者。1964年のニキータ・フルシチョフの失脚により、ソビエト連邦共産党中央委員会第一書記(1966年、書記長に改称)に就任して最高指導者となり、閣僚会議議長(首相)のアレクセイ・コスイギン、最高会議幹部会議長(国家元首)のニコライ・ポドゴルヌイと集団指導体制を敷いた。1977年から、死去する1982年までの間は最高会議幹部会議長を兼任し、ソ連邦元帥にもなっている。

称号はブルガリア人民共和国英雄称号を3回、ドイツ民主共和国英雄の称号を3回、モンゴル人民共和国英雄を3回、同国労働英雄を3回、チェコスロバキア社会主義共和国英雄を3回授与されている。

また、国歌を編集したことでも知られる。
引用元:レオニード・ブレジネフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%83%95

ユーリ・ウラジーミロヴィチ・アンドロポフ(ロシア語: Юрий Владимирович Андропов、ラテン文字表記:Yurii Vladimirovich Andropov、1914年6月15日 – 1984年2月9日)は、ソビエト連邦の政治家。同国の第6代最高指導者。第3代ソビエト連邦共産党中央委員会書記長、第4代ソ連国家保安委員会 (KGB) 議長、上級大将を歴任した。詩人としても知られる。
引用元:ユーリ・アンドロポフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%95

コンスタンチン・ウスチーノヴィチ・チェルネンコ(ロシア語: Константин Устинович Черненко、ラテン文字表記の例:Konstantin Ustinovich Chernenko、1911年9月24日(グレゴリオ暦)/9月11日(ユリウス暦) – 1985年3月10日)は、ソビエト連邦の政治家。同国の第7代最高指導者、第4代ソビエト連邦共産党中央委員会書記長。チェルネンコの時代はその死によってわずか1年余りで幕を閉じた。これにより、レオニード・ブレジネフ、ユーリ・アンドロポフと続く老人支配の時代の幕引き役を演じ、若いミハイル・ゴルバチョフに政権を委ねることになった。
引用元:コンスタンティン・チェルネンコ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%82%B3

ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフ(ロシア語: Михаил Сергеевич Горбачёв(ミハイール・スィルギェーイェヴィチュ・ガルバチョーフ)、ラテン文字表記:Mikhail Sergeevich Gorbachev、1931年3月2日 – )は、ソビエト連邦及びロシア連邦の政治家で、ソ連最後の最高指導者。歴代指導者のうち、1922年のソ連成立後に生まれた最高指導者はゴルバチョフだけである。

1985年3月にソビエト連邦共産党書記長に就任し、内政では停滞していたソ連の政治経済の抜本的改革を目指しペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)を断行、外交では新思考外交に基づき東欧の民主化革命を支持し冷戦を終結させた。しかし、ソ連国内の民族主義を抑えることができず、保守派と改革派に国内の政治勢力が分裂する中、1991年の「8月クーデター」を招き、新連邦条約締結に失敗した。結果として、ソ連共産党の一党独裁体制とソ連そのものを終結・崩壊へと導くこととなった。

1990年、ソ連で最初で最後となる大統領に就任し、同年にはノーベル平和賞を受賞した。日本を含む西側諸国では絶大な人気を誇り、ゴルビーの愛称で親しまれたものの、ロシアや旧ソ連諸国内ではアメリカと並ぶ二強国であったソ連を崩壊させたことから評価が分かれている。
引用元:ミハイル・ゴルバチョフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%95