マラー、ダントン、ロベスピエール


次のフランス革命期の
ジャコバン派の政治家を
亡くなった順に選びなさい
マラー
ダントン
ロベスピエール
48%

302PzBklRQlYB
18世紀末のフランスで使われた
フランスの革命暦で
第1番目の月をなんという?
テルミドール 11.「熱月」
ブリュメール 2.「霧月」
フリュクチドール 12.「果実月」
バンデミエール(答)1.「葡萄月」

317fmnxpZKgxO
政治家のアベ・シェイエスや
ラファイエットらが所属した
革命期のフランスにおける
立憲君主派は◯◯◯◯派?
ホイリグ
ジラヤド
トーッン
フイヤン(答)
「フイヤン派」
引用元:フランスの革命暦「バンデミエール」第1番の月 「フイヤン派」ジャコバン・クラブから独立したフランスの立憲君主派 「ジロンド派」共和派 「ブリュメール18日のクーデター」 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/10702/

フランス革命のジャコバン派(山岳派)の指導者。1793年、ジロンド派支持の女性によって暗殺された。

 マラーはスイス生まれで、ボルドーで家庭教師のかたわら医学を学び、イギリスで医者として生活していた。イギリス滞在中の1774年に『奴隷の鎖』を書いて専制政治を批判し、人民の専制政治に対する蜂起は義務であると主張した。後に彼は「蜂起についての最初の理論家」と言われる。1776年フランスに戻り、1789年、革命勃発時には46歳になっていたが、バスティーユ牢獄襲撃に参加したり、独自に人権宣言草案をつくったりしていた。
引用元:マラー https://www.y-history.net/appendix/wh1103_1-060.html

ジョルジュ・ジャック・ダントン(仏: Georges Jacques Danton, 1759年10月26日 – 1794年4月5日)は、フランス革命で活躍した代表的な政治家で、パリ・コミューン助役、国民公会議員、司法大臣、公安委員会の首班など、要職を歴任した。歴史家ミシュレが革命を体現する人物として高く評価したため、人間味あふれる革命家として有名になった[1]。

「モンタニャールの三位一体」の1人[2]で、モンターニュ右派のダントン派(寛容派)の首領。
引用元:ジョルジュ・ダントン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3

ロベスピエール

フランス革命の最高指導者の一人。弁護士として名をあげ,全国三部会には第三身分の代表,国民議会では左派に属した。早くからジャコバン・クラブに属しやがて山岳派の指導者となり,国民公会で1793年ジロンド派を追放して独裁体制を樹立,最高責任者となった。議会外の民衆運動の支持を得て,封建地代無償廃棄など,徹底した変革を行った。だがやがて反革命派を弾圧する恐怖政治をしき,1794年春にはエベール派やダントン派を粛清して独裁体制の維持を試みたが,同年7月国民公会の多数派によるクーデタ(テルミドール9日)により捕らえられ,処刑。
引用元:ロベスピエールとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB-153308