ベガルタ


ケルト神話に登場する
英雄ダーマットが持つ
2本の剣はモラルタと
ヴォルティスである
×(答)
◯ベガルタ(答)
65%
Beag-alltach

CIMG4307KPatZWFRyzRY
ケルト神話に登場する
英雄ダーマットが持つ
2本の剣はモラルタと
ベガルタである
◯(答)
×ヴォルティス
引用元:「備前」長船長光 「相模」岡崎正宗 「山城」粟田口吉光 「槍の又左」前田利家 「槍の半蔵」渡辺守綱 「槍の勘兵衛」渡辺了 「モラルタとベガルタ」英雄ダーマット https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/22760/

ディアルムド・ウア・ドゥヴネ(Diarmuid Ua Duibhne)はケルト神話の登場人物。フィン物語群で語られるフィアナ騎士団の一員。ドゥンの息子。若さの神、妖精王オェングス、海神マナナン・マクリルを育ての親に持つ。ディルムッド・オディナ、ダーマッド、ディアミッド・オダイナなどとも呼ばれ表記される[1][2][3][4][5]。

ディルムッドは優れた戦士で、美しい容姿である上に、女性を虜にしてしまう魔法の黒子を、妖精によって額(または頬)に付けられていた[1][5]。ディルムッドは二本の槍と二本の剣を持っていた。それぞれ、ゲイ・ジャルグ(Gae Dearg 赤槍)とゲイ・ボー(Gae Buidhe 黄槍)、モラルタ(Mor-alltach 大なる激情)とベガルタ(Beag-alltach 小なる激情)という。
引用元:ディルムッド・オディナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A

フィアナの戦士ディアルミド・ウア・ドゥヴネの武器
小辻梅子訳編の『ケルト幻想民話集』(1993)によれば、ダーマット・オディナ(ディアルミド・ウア・ドゥヴネ※1)は、アイルランド大王コーマック・マック・アート(コルマク・マク・アルト)の親衛隊であるフェーナ騎士団(フィアナ※2)の有力な騎士である。フェーナの首領フィンの妹の子で、数々の危難からフィンを救い出している。小辻は「訳者あとがき」で「ダーマットの前生は異界の神の国の英雄で、ダナーン族の偉大な王マナナーン・マック・リールとダグダの息子ブラフのアンガスから愛され、教えを受けた。彼は二本の槍―― 大はガ-ジャルグ(赤槍)、小はガ-ボー(黄槍)―― を所有していた。彼はまた二本の剣―― モラルタ(大怒)とベガルタ(小怒)―― も持っていた。これらはマナナーンとアンガスからもらったものだ」と述べている(p.242)。
引用元:ガ・ジャルグ,ガ・ボー,モラルタ,ベガルタ/幻想の武器博物館 http://gensounobuki.fc2web.com/t2/gaedearg.html