項羽


虞美人を愛人とした
古代中国の武将は項羽である
◯(答)
62%



次の小説の書き出しを
小説の作者ごとに
グループ分けしなさい

梶井基次郎夏目漱石備考
随分遠いね『虞美人草』
えたいの知れない不吉な魂『檸檬』
宗助は先刻から縁側へ『門』
医者は探りを入れた後で『明暗』

虞美人(ぐびじん、拼音:Yú Měi-rén、? – 紀元前202年?)は、秦末から楚漢戦争期にかけての女性。

生涯
項羽(項籍)の愛人[1]。正確な名前ははっきりしておらず、「有美人姓虞氏」(『漢書』巻31陳勝項籍傳第1[2])とも「有美人名虞」(『史記』巻7項羽本紀 第7[3])ともいわれ、「美人」も後宮での役職名(zh:中國古代後宮制度#秦朝参照)であるともその容姿を表現したものであるともいわれる。小説やテレビドラマでは項羽の妻として描かれ、虞を姓とし「虞姫」と紹介されているものが多い。

項羽との馴れ初めについては『史記』にも『漢書』にも一切記載されておらず、垓下の戦いで初めて「有美人姓虞氏 常幸從[2]」、「有美人名虞 常幸從 駿馬名騅 常騎之[3]」(劉邦率いる漢軍に敗れた傷心の項羽の傍にはいつも虞美人がおり、項羽は片時も彼女を放すことがなかった)と紹介されている。
引用元:虞美人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%9E%E7%BE%8E%E4%BA%BA