藤原基衡



後三年の役で清原氏を滅ぼして
平泉に中尊寺を建設し
奥州藤原氏の祖となったのは
藤原清衡ですが

毛越寺を建立し、奥州藤原氏の
2代目となったのは?
藤倍泰秀原
清衡安平基
藤原基衡(答)
40%

エフェクト
国の特別史跡・特別名勝に指定されている岩手県平泉町の寺院
毛越寺
もうつうじ(答)


次の藤原氏の人物を
早く生まれた順に
選びなさい
藤原鎌足 614
藤原不比等 659
藤原冬嗣 775
藤原良房 804
藤原基経 836
藤原兼家 929
藤原道長 966
藤原頼通 992
39%

順番当て
次の歴代の「奥州藤原氏」の当主を生まれた順に選びなさい
藤原清衡
藤原基衡
藤原秀衡
藤原泰衡
引用元:藤原冬嗣、藤原良房、藤原基経 https://seethefun.net/?p=44497

平安末期の陸奥(むつ)の豪族。清衡の子。秀衡の父。平泉に居館を構え、陸奥六郡を支配して奥州藤原氏3代の栄華を誇った。毛越寺(もうつうじ)を建立。生没年未詳。
引用元:藤原基衡(ふじわらの もとひら)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%9F%BA%E8%A1%A1-15084

藤原 基衡(ふじわら の もとひら)は、平安時代後期の豪族。奥州藤原氏第2代当主。藤原清衡の次男に当たる。

金色堂に眠る基衡
基衡の遺骸はミイラとなって父清衡、子秀衡と共に現在も中尊寺金色堂内に納められている。新たに仏壇を増築して納められたと考えられている。1950年(昭和25年)の遺体学術調査について1994年7月に中尊寺により上梓された『中尊寺御遺体学術調査 最終報告』によると、基衡は血液型A型、身長は三代中もっとも高く167cm。太く短い首、福々しい顔。よく発達した胴、胸幅は厚く広い、いかり肩で腰から下は比較的小さい。肥満体質で歯にカリエス、歯槽膿漏。右側上下肢に軽度の骨萎縮が見られ、右半身不随あり、脳圧の上昇が確認され、「憶測が許されるならば」との添え書きの上で、脳溢血、脳栓塞、脳腫瘍などで急死したとみられると報告されている。三代中もっとも恵まれた体躯(たいく)の持ち主だった。遺体は金箔が施され、錦で内貼りされた木棺の中に念珠や刀などの副葬品と共に納められ、両足の先以外はほぼ完全にミイラ化していた。 死亡年齢は50歳代、50歳代 – 60歳代、あるいは54歳 – 55歳、55歳 – 60歳、60歳前後と見られている。
引用元:藤原基衡 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%9F%BA%E8%A1%A1