佐藤尚中


幕末・明治初期の蘭方医
明治天皇の侍医長
日本初の私立病院・博愛舎を設立
順天堂医院の初代院長
佐藤泰然
松本良甫
佐藤尚中(答)
緒方洪庵
松本良順(トーナメントでの出題肢)
2%

佐藤尚中
さとうしょうちゅう

[生]文政10(1827).4.8. 下総,小見川
[没]1882.7.23. 東京
蘭方医。佐藤泰然の弟子でのちに養子となる。本名は山口舜海。文久2 (1861) 年,長崎に行き J.L.C.ポンペに西洋医学を学ぶ。明治2 (69) 年,大学東校に出仕して大学大博士 (学長) となり,1872年まで同校を主宰。また明治天皇の侍医をつとめる。同年,日本橋に博愛社を開き,翌年,下谷練塀町に順天堂を開く。 75年にそれを御茶の水に移した。 (→順天堂大学 )
引用元:佐藤尚中(さとうしょうちゅう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%B0%9A%E4%B8%AD-69316

佐藤 尚中(さとう たかなか(しょうちゅう)、1827年5月3日(文政10年4月8日)- 1882年(明治15年)7月23日)は、幕末から明治初期の蘭方医。幼名を竜太郎、舜海と称し、笠翁と号す。下総国小見川(現・千葉県香取市)出身。東京順天堂の第二代堂主、順天堂医院の初代院長。生年については諸説ある。
引用元:佐藤尚中 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%B0%9A%E4%B8%AD

佐藤泰然
さとうたいぜん

[生]文化1(1804).武蔵,稲毛
[没]明治5(1872).4.10. 東京
幕末の蘭方医。初め田辺庄右衛門と称し,旗本伊奈家用人をつとめた。天保1 (1830) 年足立長雋に入門,蘭方を学び,同5年,伊奈家をやめて名を和田泰然と改め,長崎に遊学。そこでオランダ語と医学を学び,同9年,江戸に戻って薬研堀に和田塾を開く。同 14年,千葉佐倉に移住,これより父の姓,佐藤を称す。佐倉では蘭学塾順天堂 (→順天堂大学 ) を開くとともに佐倉藩主堀田正睦の侍医となる。安政6 (59) 年,隠居して家督を佐藤尚中に譲り,江戸,横浜に移住した。
引用元:佐藤泰然(さとうたいぜん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%B3%B0%E7%84%B6-69321

松本良甫 まつもと-りょうほ

1806-1877 江戸後期-明治時代の医師。
文化3年生まれ。松本順(良順)の養父。高野長英,足立長雋(ちょうしゅん)に西洋医学をまなぶ。天保(てんぽう)10年幕府につかえ,奥医師,法眼となる。明治10年2月6日死去。72歳。江戸出身。名は戴。字(あざな)は成伯。号は護斎。
引用元:松本良甫(まつもと りょうほ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E8%89%AF%E7%94%AB-1111459

松本良順
まつもとりょうじゅん

[生]天保3(1832).6.16. 江戸
[没]1907.3.12. 東京
医師。佐藤泰然の次男として生れ,のち幕府医官松本良甫の養子となる。安政4 (1857) 年幕命により長崎に留学,蘭医 J.ポンペについて西洋医術を学び,文久1 (61) 年に創立した長崎養生所でポンペを助けて教育と臨床にあたった。同3年6月江戸に帰り,緒方洪庵の跡を継いで幕府の西洋医学所頭取となった。維新の戦いには幕軍方に投じ,官軍に捕われて明治2 (69) 年に釈放された。翌年,早稲田に蘭疇医院を開き治療と教育を行なったが,軍医制度発足にあたり山県有朋の要請で兵部省に出仕。 1873年初代陸軍軍医総監,のち貴族院議員となり,男爵を授けられた。
引用元:松本良順(まつもとりょうじゅん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E8%89%AF%E9%A0%86-136775