ナポレオン戦争


トルストイの小説
『戦争と平和』の
背景となっている戦争は
第一次世界大戦である
×(答)
◯ナポレオン戦争
58%

『戦争と平和』(せんそうとへいわ、露: Война и мир[1][2])は、帝政ロシア末期の小説家レフ・トルストイが著した長編小説。1865年から1869年にかけて雑誌『ロシア報知(英語版)』(露: Русскій Вѣстникъ)で発表されたものである。サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げている。

概要
19世紀前半のナポレオン戦争の時代を舞台に、アウステルリッツの戦いや、ボロディノの戦いを経てモスクワを制圧するもフランス軍が退却に追い込まれたロシア遠征[3]などの歴史的背景を精緻に描写しながら、1805年から1813年にかけてあるロシア貴族の3つの一族[4]の興亡をピエール・ベズーホフとナターシャの恋と新しい時代への目覚めを点描しながら綴った群像小説である。また登場人物の一人「ピエール・ベズーホフ」が、著者の分身と見られ、彼の没落していくロシア貴族から、大地の上で強く生き続けるロシアの農民の生き様への傾倒へと続く魂の遍歴は、著者の心の動きの反映とも言われる。

なお、執筆された当時のロシアでは、それまで一般的だった古ロシア語に代わり、新たに整備された現代的なロシア語文法が浸透していたが、トルストイを含む上流階級は教養として慣れ親しんだフランス語を日常的に使用[5]しており、作中でも貴族達の会話にフランス語を交えたり、名前を「ピエール」とフランス風に呼ぶ(ロシア風ならピョートル)という、当時のロシア貴族に対するフランス文化の影響も描写している[6]。

登場人物は559人に上る。
引用元:戦争と平和 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%A8%E5%B9%B3%E5%92%8C

19世紀初頭、ナポレオンのロシア侵入という歴史的大事件に際して発揮されたロシア人の民族性を、貴族社会と民衆のありさまを余すところなく描きつくすことを通して謳いあげた一大叙事詩。1805年アウステルリッツの会戦でフランス軍に打ち破られ、もどってきた平和な暮しのなかにも、きたるべき危機の予感がただようロシア社交界の雰囲気を描きだすところから物語の幕があがる。
引用元:トルストイ、工藤精一郎/訳 『戦争と平和 一』 | 新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/206013/