クリシュナ


ヒンズー教の神
妻の数は16000人
サンスクリット語で「黒」
ヴィシュヌ神の化身
カーリー
アグニ
スカンダ
クリシュナ(答)
65%


サンスクリット語で「黒」と
いう名のインド神話の英雄です
クリシュナ(答)
72%


ヒンズー教の学問と商売の神
日本での呼び名は「聖天」
シヴァ神の長男
片方の牙が折れた象の頭
ガネーシャ(答)
84%


ヒンズー教の戦いの女神
シヴァ神の妻
4本の腕に剣を持つ
マハーデーヴィーの化身
カーリー(答)


ヒンズー教の火の神
生まれてすぐに両親を殺す
インドラの弟
日本での呼び名は「火天」
アグニ(答)


インドラに代わる神軍最高指揮官
シヴァ神の次男
ヒンズー教の軍神
仏教では「韋駄天」という名前に
スカンダ(答)


ヒンズー教の雷の神
体中に千の目を持つ
別名「ヴリトラハン」
日本での呼び名は「帝釈天」
インドラ(答)


ヒンズー教の最高神の一人
世界の破壊を司る
乗物は牛のナンディン
日本での呼び名は「大黒天」
シヴァ(答)


ヒンズー教の最高神の一人
世界の創造を司る
4本の腕と4つの顔を持つ老人
日本での呼び名は「梵天」
ブラフマー(答)


ヒンズー教の神
叙事詩『ラーマーヤナ』に登場
『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』
猿の姿をしている
ハヌマーン(答)

クリシュナ( サンスクリット語: कृष्ण, Kṛṣṇa、[ˈkr̩ʂɳə] ( 音声ファイル))はヒンドゥー教の神である。ヒンドゥー教でも最も人気があり、広い地域で信仰されている神の1柱であり[1]、宗派によってはクリシュナとして、あるいはヴィシュヌの化身(アヴァターラ)としてスヴァヤン・バガヴァーン(英語版)(神自身)であるとみなされている[2]。

初期のクリシュナ崇拝は神としての信仰でないもの、例えばクリシュナ・ヴァースデーヴァ(英語版)信仰、バラ・クリシュナ(英語版)信仰、ゴーパーラ(英語版)信仰を含み、これらは早ければ紀元前4世紀までさかのぼることができる[3][4]。

概要
クリシュナはヴィシュヌ派の一派、ガウディヤ・ヴァイシュナヴァ派(英語版)では最高神に位置づけられ、他の全ての化身の起源とみなされている。

「クリシュナ」(Kṛṣṇa)という名前は「黒い」、「暗い」、「濃い青の」という意味の形容詞でもある[5]。ヒンドゥー暦では満月から新月、すなわち月が欠けていく半月をクリシュナ・パクシャ(Krishna Paksha)と呼ぶが、この「クリシュナ」は「暗くなる」という形容詞に関係している[5]。一方クリシュナ意識国際協会(ガウディヤ・ヴァイシュナヴァ派)のメンバーでもあるスティーブン・ローゼン(英語版)は別の語、クリシュ(krish)を語源と仮定し、「すべてを魅了する方」と翻訳している[6]。

クリシュナは彼の特徴を反映する多くの異名、称号を持つことでも知られている。良く知られているものではモニシュ(英語版)(魅力的な者)、モーハン(英語版)(魅惑する者)、ゴーヴィンダ(英語版)(ヴェーダを見つける者[注釈 1])、ゴーパーラ(英語版)(牛飼い)、マーダヴァ(Madhava、春を運ぶ者)、ダーモーダラ(Dāmodara、腹に紐をかけた者)、ウペーンドラ(Upendra、インドラ神の弟)などが挙げられる。またインド東部における「ジャガンナータ」のように地域ごとに特別な意味をもつ異名も存在する[7]。

約16000人もの妃がいたことで知られる[8]。

別名をダーサ(奴隷)ということや、肌の色が黒いことから、元来アーリア人ではない土着の神格である。ヤーダヴァ族の指導者だった人物が、死後神格化されたものとみなされている。
引用元:クリシュナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8A