エドワード・ホッパー


代表作に『ナイト・ホークス』
がある20世紀アメリカの画家は
エドワード・ホッパーである
◯(答)
×デビッド・ホックニー
72%

エドワード・ホッパー(Edward Hopper, 1882年7月22日 -1967年5月15日)は、20世紀のアメリカの画家。

20世紀アメリカの具象絵画を代表する1人。

経歴と画風
ニューヨーク州ナイアック(Nyack)に生まれる。商業美術の学校に進んだのち、ニューヨーク美術学校(New York School of Art)で絵画を学ぶ。アシュカン派(ごみ箱派、アッシュカン・スクール)の指導的画家であるロバート・ヘンライは同校の教師であり、アメリカン・ライフの写実的描写はその影響とされる。

1915年にエッチングとイラストレーションに転向するが、1930年には水彩画と油彩画を再開する。

1925年に制作された『線路脇の家』はホッパーの最初期の連作の一つで、その後の彼のスタイルを決定づけた作品である。都会の街路、オフィス、劇場、ガソリンスタンド、灯台、田舎家などアメリカ人には見慣れた都市や郊外の風景を、単純化された構図と色彩、大胆な明度対比、強調された輪郭線で描く彼の孤独な雰囲気漂う作品は今日のアメリカでも高い人気をもっている。
引用元:エドワード・ホッパー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC

『ナイトホークス』(英: Nighthawks)は、深夜の商業地域の小食堂にいる人々を描いたエドワード・ホッパーの1942年の絵画である。キャンバスに油彩。84.1 センチメートル × 152.4 センチメートル。『夜ふかしする人々』とも呼ばれる。

完成から数ヶ月以内に、シカゴ美術館(Art Institute of Chicago)に3000ドルで売られ[1]、以降同館に所蔵されている。

引用元:ナイトホークス (美術) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9_(%E7%BE%8E%E8%A1%93)

デイヴィッド・ホックニー(David Hockney、1937年7月9日 – )は、20世紀~21世紀のイギリスの画家で、現在はアメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点として活動する芸術家。1960年代よりポップアート運動にも参加し大きな影響を与え、イギリスの20世紀の現代芸術を代表する1人である。
引用元:デイヴィッド・ホックニー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%BC