ルイ15世


フランス・ブルボン朝の王で
「最愛王」と呼ばれたのは
ルイ13世である
×(答)
◯ルイ15世
52%

ルイ15世(フランス語: Louis XV、1710年2月15日 – 1774年5月10日)は、ブルボン朝第4代のフランス国王(在位:1715年9月1日 – 1774年5月10日)。ナバラ国王としてはルイス4世(バスク語: Luis IV.a)。

曾祖父ルイ14世の死によりわずか5歳で即位し、ルイ14世の甥に当たるオルレアン公フィリップ2世が摂政の座に就いて政務を取り仕切った。成人後はブルボン公ルイ・アンリ、次いでフルーリー枢機卿が執政した。優れた政治家であるフルーリー枢機卿の執政によりフランスは繁栄した。フルーリー枢機卿の死後は親政を行う。ポーランド継承戦争に参戦して領土を得たが、続くオーストリア継承戦争では得るものはなく、戦争により財政を逼迫させた。七年戦争ではアメリカ大陸の権益を失い、フランスの衰退を招いた。ジョン・ローのミシシッピ会社が破綻してしまい、治世の間に5回もデフォルトした[1]。

多くの愛人を持ち私生活は奔放で、最愛王(Bien-Aimé)と呼ばれた。特にポンパドゥール夫人とデュ・バリー夫人はルイ15世の治世に大きな影響を与えている。晩年になってショワズール公、次いで大法官モプー(英語版)を起用して改革を行い王権の強化を図るが、1774年に天然痘により64歳で崩御した。

この時代、啓蒙思想がヨーロッパ世界を席巻し、ヴォルテール、モンテスキュー、ルソーなどがフランスのサロンで活躍している。
引用元:ルイ15世 (フランス王) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A415%E4%B8%96_(%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E7%8E%8B)