ソール・ベロー


『宙ぶらりんの男』でデビュー
『その日をつかめ』
『フンボルトの贈り物』
1976ノーベル文学賞受賞
ジャック・ケロアック
トニ・モリソン
ソール・ベロー(答)
アーサー・ミラー
42%

CIMG4928
ラテン語で「一日を摘め」という
意味の言葉で、現在では
「今を大事に」という意味で
使われているのは?
ペィカル・ムエデ
カルペ・ディエム(答)
引用元:聖書由来の言葉「目からうろこ」「狭き門」「笛吹けども踊らず」「豚に真珠」「地の塩」 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/21807/

ソール・ベロー(Saul Bellow,1915年6月10日 – 2005年4月5日)は、アメリカの小説家・劇作家。

大学院在学中より執筆活動をはじめ、1944年、入隊をひかえた男の異常な心理状態を実存主義的な手法で描いた『宙ぶらりんの男』でデビュー。以後、順調に創作活動を続け、『オーギー・マーチの冒険』『ハーツォグ』『サムラー氏の惑星』で全米図書賞を三度受賞し、『フンボルトの贈り物』でピューリッツァー賞を受賞、『銀の皿』でオー・ヘンリー賞、さらに1976年にはノーベル文学賞を受賞するなど、現代アメリカを代表する作家として活躍した。
引用元:ソール・ベロー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AD%E3%83%BC