ターヒューン


小説『名犬ラッド』を書いた
アメリカの児童文学作家は?
ターヒューン(答)
29%
Albert Payson Terhune

アルバート・ペイスン ターヒューン
Albert Payson Terhune

1872 – 1942
米国の小説家。
ニュージャージー州生まれ。
女流作家のメリー・ヴァジーニア・ターヒューンの息子で、犬を主人公にした小説を多数残す。代表作に「名犬ラッド」(1919年)や「サニーバンクのラッド」(’28年)などがある。
引用元:アルバート・ペイスン ターヒューンとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%B3+%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3-1625609

純血のコリー犬ラッドは,誇りが高く,戦いをおそれない勇敢な犬だが,人間の主人には忠実で,ゆるぎない信頼を得ている.実在した犬ラッドの冒険と愛を描いた,動物文学の傑作.
引用元:名犬ラッド – 岩波書店 https://www.iwanami.co.jp/book/b269388.html

Lad: A Dog is a 1919 American novel written by Albert Payson Terhune and published by E. P. Dutton. Composed of twelve short stories first published in magazines, the novel is based on the life of Terhune’s real-life Rough Collie, Lad. Born in 1902, the real-life Lad was an unregistered collie of unknown lineage originally owned by Terhune’s father. Lad’s death in 1918 was mourned by many of the story’s fans, particularly children.
引用元:Lad, A Dog – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Lad,_A_Dog