ラーテナウ


1922年に極右テロ組織に暗殺
されたドイツの外務大臣です
ラーテナウ(答)
16%

ヴァルター・ラーテナウ(Walther Rathenau, 1867年9月29日 – 1922年6月24日)は、ドイツの実業家、政治家、作家。ヴァイマル共和国初期に外相を務め、ソビエト連邦とラパッロ条約を締結したが、極右テロ組織に暗殺された。

暗殺・死後
1922年6月24日、ベルリン近郊のグルーネヴァルト(ドイツ語版)でオープンカーに乗っていたラーテナウは極右テロ組織コンスルに属するふたりの青年に狙撃され、頭部を撃たれて、54歳で死亡した。
引用元:ヴァルター・ラーテナウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%8A%E3%82%A6

ラーテナウ(Walther Rathenau)
らーてなう
Walther Rathenau
(1867―1922)

ドイツの実業家、政治家。ドイツの電機工業界の中心的企業AEG(アーエーゲー)(アルゲマイネ電気会社)を創設したエミールを父とし、第一次世界大戦前からAEGや有力銀行の理事となり、1916年AEGを継承した。第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)直後、戦時経済体制の確立を提唱し、戦時原料局を設置させ、その後も軍需経済の組織化に協力した。第一次世界大戦後、ドイツ民主党に属す一方、経済専門家として、講和交渉の準備にかかわり、1921年ウィルト内閣の復興相、1922年には外相となり、連合国側との賠償交渉に参加、革命ロシアとの国交回復を内容とするラパロ条約に調印した。賠償の履行によるベルサイユ条約の改定を唱え、さらにユダヤ系の出身であったことから、国粋派の攻撃の的となり、同年10月国粋派テロ組織に暗殺された。独特の時代批評や社会組織論でも高い評価を受けており、第二次世界大戦後、旧西ドイツで著作の全集が出版されている。[木村靖二]
引用元:ラーテナウ(らーてなう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%8A%E3%82%A6%28Walther+Rathenau%29-1606114