蘇我馬子


奈良県にある飛鳥寺を建てたのは
蘇我馬子である
◯(答)
×聖徳太子
45%


次のうち、聖徳太子が
建立した寺を全て選びなさい
四天王寺(答)
飛鳥寺
広隆寺
法隆寺(答)
34%

並べ替え
古代史の重要な資料である聖徳太子に関する伝記や系譜を集めた書物は?
上宮聖徳法王帝説(答)
じょうぐうしょうとくほうおうていせつ
引用元:法隆寺、四天王寺 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/37920/

推古4年(596)、仏教を保護した蘇我馬子の発願により日本初の本格的寺院として完成した。三金堂が塔を囲む大寺で、法興寺 元興寺とも呼ばれる。平城遷都に伴い奈良の地に新たに元興寺が建立されて以後は、本元興寺と呼ばれた。鎌倉時代に伽藍の大半を焼失した。現在の本堂は江戸時代に再建されたもの。本尊の銅造釈迦如来坐像(重要文化財)は創建時、飛鳥時代の作で日本最古の仏像。飛鳥大仏の名で親しまれる。
引用元:飛鳥寺|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット|明日香村|山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア|神社・仏閣|神社・仏閣 http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/03east_area/asukadera/

飛鳥寺(あすかでら)は、奈良県高市郡明日香村にある寺院。蘇我氏の氏寺である法興寺(仏法が興隆する寺の意)の後身である。本尊は「飛鳥大仏」と通称される釈迦如来、開基(創立者)は蘇我馬子である。山号を鳥形山(とりがたやま)と称する[1]。現在の宗派は真言宗豊山派。
引用元:飛鳥寺 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%B3%A5%E5%AF%BA

聖徳太子建立七大寺(しょうとくたいしこんりゅうしちだいじ)または、聖徳太子建立七寺(しょうとくたいしこんりゅうななでら)は、聖徳太子建立の伝承のある七つの寺の総称。

寺院
法隆寺(斑鳩寺)
広隆寺(蜂丘寺)
法起寺(池後寺、尼寺)
四天王寺
中宮寺(尼寺)
橘寺(聖徳太子生誕地)
葛木寺(尼寺)
引用元:聖徳太子建立七大寺 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90%E5%BB%BA%E7%AB%8B%E4%B8%83%E5%A4%A7%E5%AF%BA