ベトナム


報道写真家ロバート・キャパが
亡くなった国はどこ?
ベトナムをタッチ(答)
48%


引用元:ベトナム社会主義共和国 | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vietnam/index.html

タイピング
報道写真家として知られるロバート・キャパが亡くなった国はベトナムですが
「日本のキャパ」と呼ばれた沢田教一が亡くなった国は◯◯◯◯◯?◯の国名を答えなさい
カンボジア(答)

CIMG4454CpemalgzfASk
作品『安全への逃避』で
ピュリッツァー賞を受賞した
日本の写真家は沢田教一である
◯(答)

連想
マグナム・フォトスを結成
スナップショットの先駆者
フランスの写真家
『決定的瞬間』
アンリ・カルティエ=ブレッソン(答)

連想
マグナム・フォトスを結成
ハンガリーの報道カメラマン
本名「アンドレ・フリードマン」
『ちょっとピンぼけ』
ロバート・キャパ(答)
引用元:マン・レイ「エマニエル・ロドニツキー」 ブラッサイ「ジュラ・ハラース」 ロバート・キャパ「アンドレ・フリードマン」 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/25644/

ロバート・キャパ(Robert Capa [ˈɹɔbətˈkæpə | ˈɹɑ(ː)bɚtˈkæpə], 1913年10月22日 – 1954年5月25日)は、ハンガリー生まれの写真家。

本名はフリードマン・エンドレ・エルネー(Friedmann Endre Ernő [ˈfriːdmɒn ˈɛndrɛ ˈɛrnøː])。フランス語読みのアンドレ・フリードマン(André Friedmann [ɑ̃dʁe.fʁidman])と表記されることもある[1]。同じく写真家で、1974年にICP(国際写真センター)を創設したコーネル・キャパは弟。

スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線、第一次中東戦争、および第一次インドシナ戦争の5つの戦争を取材した20世紀を代表する戦場カメラマン、報道写真家として有名である。「ロバート・キャパ」と銘打たれた初期の作品群は、実際には、親しくしていたゲルダ・タローとの共同作業によるものである[2]。スペイン内戦で親交を持ったヘミングウェイ、アルジェで知り合ったスタインベック、ピカソら多方面の作家・芸術家たちとの幅広い交際も有名である。

1954年4月に日本の写真雑誌『カメラ毎日』の創刊記念で来日、市井の人々を取材した[9]。程なく東京で『ライフ』から第一次インドシナ戦争の取材依頼を受け、北ベトナムに渡る。5月25日、午前7時にナムディンのホテルを出発、タイビン省のドアイタンにあるフランス軍陣地に向かう。午後2時30分ころドアイタンに到着。2名の後輩カメラマンと共にフランス軍の示威作戦へ同行取材中の午後2時55分、ドアイタンから約1キロの地点にある小川の堤防に上った際に地雷に抵触、爆発に巻き込まれ死亡した[9]。
引用元:ロバート・キャパ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%91