The ass in the lion’s skin


「虎の威を借る狐」という
ことわざを英語でいうと
「ライオンの皮をまとう何」
という?
リス
ウサギ
ヒツジ
ロバ(答)
キツネ
35%
The Ass in the Lion’s Skin

The Ass in the Lion’s Skin is one of Aesop’s Fables, of which there are two distinct versions. There are also several Eastern variants, and the story’s interpretation varies accordingly.

The Fable

Of the two Greek versions of this story, the one catalogued as 188 in the Perry Index concerns an Ass that puts on a lion’s skin and amuses himself by terrifying all the foolish animals. At last coming upon a Fox, he tried to frighten him also, but the Fox no sooner heard the sound of his voice than he exclaimed, “I might possibly have been frightened myself, if I had not heard your bray.” The moral of the story is often quoted as Clothes may disguise a fool, but his words will give him away.[1] It is this version which appears as Fable 56 in the collection by Babrius.[2]
引用元:The Ass in the Lion’s Skin – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/The_Ass_in_the_Lion%27s_Skin

ass
【1自動】
〈俗〉ぶらつく、間抜けなことをする
【1名】
《動物》ロバ◆ウマ属(Equus)のウマ(horse)より小型で耳の長い亜種。donkey (Equus asinus)は、アフリカ起源の野生のassを家畜化したもの。
〈俗・軽蔑的〉〔生意気なまたは強情な〕ばか
【2名】
〈卑・軽蔑的〉尻(の穴)◆【同】〈英〉arse
・She’s got a great ass. : 彼女はいい尻をしている。◆下品な表現。
〈卑・軽蔑的〉セックス、性交
引用元:assの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=ass

今日はこのイソップ童話と教訓を紹介します。

The ass in the lion’s skin
ライオンの皮を被ったロバ

一匹のロバが、ある日ライオンの皮を見つけました。
ロバはそれを身にまとい、他の動物たちが驚かして楽しんでいました。

ロバは有頂天になり声を張り上げていななきした。

最後に狐に出会うと、また驚かしてやろうと思いました。キツネさん
しかし、ロバのいななきを聞くと狐は言いました。
「お前の声を聞かなければ、騙されたかも知れないな」

Fine clothes may disguise,
   but silly words will disclose a fool.
外見を隠して騙せたつもりでも、言葉で本性が現れる。
引用元:ライオンの皮を被ったロバ、、。 | Let’s 英語の世界 ~Explore the English world~ https://ameblo.jp/yokesie1227/entry-11941704600.html